一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » 造園施工管理技士

造園施工管理技士

造園施工管理技士は、公園工事や公園・庭園の緑地化工事、植栽造成、屋上緑化など、様々な造園工事の工程管理や安全管理を担います。近年は、温暖化防止や環境保全の観点から都市部を中心に緑化重要が増加中であり、都市環境整備事業の拡大と相まって、造園工事の技術管理者ともいうべき造園施工管理技士の必要性は高まっています。

造園施工管理技士ができること

造園施工管理技士の仕事は、様々な造園工事の施工における監督業務です。公共スペースの緑化や公園・庭園の整備、ビルの屋上緑化・壁面緑化など種々の造園工事において、「施工計画の作成」から現場の「工程管理」、「品質管理」、「安全管理」までを担います。工事の計画を立案し、その計画に沿って工事が適切に行われているか一連のプロセスを監督する仕事です。施工を管理するのが役目ですが、れっきとした技術職であり、実務的な経験やスキルがなければ職務に就くことはできません。

造園施工管理技士になるには?

受験資格

造園施工管理技士の受験資格は、等級(1級・2級)によって条件が異なります。等級ごとにそれぞれ、下記の条件を満たす人は受験資格が得られます。

【1級】


【2級】

※参照元:BrushUP学び(https://www.brush-up.jp/guide/sc591#p-exam)

試験の流れ

造園施工管理技士の試験は、第1次検定と第2次検定に分けて行われ、等級ごとに日程が異なります。1級は、1次・2次検定を隔月で2回に分けて行います。一方、2級は、1次・2次検定を同日に行います。

制限時間は、1級の第1次検定(四肢択一式):4時間30分、第2次検定(記述式):2時間45分、2級の第1次検定(四肢択一式):2時間30分、第2次検定(記述式):2時間となっています。

学科試験の内容

学科試験(第1次検定/四肢択一式)では、土木工学等・施工管理法・法規の3つの分野から出題されます。それぞれ造園工事の施工に関わる土木工学や園芸学、電気工学、機械工学、建築学の一般的な知識、設計図書の一般的な知識、施工管理法では施工管理の作成方法や工程管理、品質の管理の知識、法規では建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識が対象です。

記述式試験の内容

記述式試験では、1次・2次検定共に、施工管理法における応用能力が問われる問題が出題されます。施工計画を適切に作成できる能力、施工計画を実施する能力、「工事の目的物に所要の外観、強度等を得るために必要な措置を適切に行うことができる」能力などが試験範囲です。

資格の難易度

2020年度の合格率は、1級(学科試験)は39.6%、1級(実地試験)は41.0%、2級(学科試験)は58.3%、2級(実地試験)は43.0%となっており、2級より1級の方が難易度が高い状況です。

合格基準は、1級・2級いずれも得点が60%以上となっています。

※参照元:JQOS.jp 日本資格取得支援(https://jqos.jp/kokka/zoenseirisekogishi)

参照元:東京商工会議所/受験者データ

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?