一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » ボイラー技士

ボイラー技士

ボイラー技士とは、建物内の空調や給湯機器などに使用されているボイラーを管理する専門家のことです。 ボイラーの管理は危険を伴うため、有資格者の需要が高いことでも知られています。また、ボイラーは非常に高温となっているため、体力勝負とも言える仕事です。

ボイラー技士ができること

ボイラー技士は、建物内にある空調や給湯機器などに使われているボイラーを管理するための専門家です。構成労働省管轄の国家資格があり、資格のグレードに応じた規模でボイラー取扱作業主任者になることが可能です。

資格手当が支給されることもある職業であり、高いレベルの資格を持っていればホテルや病院、デパートなど大規模の企業に勤めることもできます。ボイラー技士や空調管理といった求人に応募できる他、再就職にも活用できるでしょう。

二級ボイラー技士は小規模のボイラーしか扱えませんが、一級ボイラー技士になると500平方メートル未満までのボイラーを取り扱えるようになり、特級ボイラー技士になれば500平方メートル以上のボイラーを取り合つけるようになります。

大規模な工場やプラント建設会社で活躍の場面が多く、ビルメンテナンスやマンション管理を専門に扱う企業でも需要が高まっています。

ボイラー技士になるには?

受験資格

ボイラー技士には「二級ボイラー技士」「一級ボイラー技士」「特級ボイラー技士」の3種類が存在しています。二級ボイラー技士の資格には受験資格がありませんが、それより上の級に挑戦する場合は以下のような条件が必要です。

上級の資格を目指すのであれば、二級の取得から始めるのが分かりやすいでしょう。

試験の流れ

試験ではボイラーの構造に関する知識や燃料および燃焼に関する知識、関係法令に関する出題に答えます。どの級でも、合格基準は各科目40%以上の得点率で、全科目の合計が60%以上の得点率であれば合格とされます。

ただし試験に合格するだけではなく、資格試験の合格に加えて実技講習や実務経験の要件を満たした人だけがボイラー技士として認められ、初めて免許が交付されます。

ボイラー技士の難易度

2018年時点での2級ボイラー技士の合格率は55.8%、一級ボイラー技士は58.2%とされています。ただし特級になると25.7%と大幅に合格率が下がっており、特級になると難易度が一気に高くなっています。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?