一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 大工の仕事 » 大工の種類解説「造作大工」とは?

大工の種類解説「造作大工」とは?

「建て方」が完了した後に、建築物の中の大工仕事

造作大工とは、建て方大工による「建て方」が完了した後に、建築物の中の大工仕事を行う役割を持っています。

一般的に「大工さん」と呼ばれているのはこの造作大工を指すことが多いです。

以前は建て方工事から造作工事まで一貫して行うのが大工の仕事ではありましたが、最近は建て方専門の建て方大工、造作を専門に行う造作大工と切り分けられていることが多いです。

造作工事とは

主に木材を加工して、戸や障子、ふすまといった木材の建具を取り付ける工事を造作工事と呼びます。「造作」とは、梁や柱、土台と言った主要構造部以外の壁や床、階段、敷居、鴨居、窓枠などを指しており、これら室内装飾の仕上げや下地を材料から組み立てる工事のことを言います。

当然壁や天井、床としての強度が求められる作業となり、組み立てや取り付け方法は非常に重要な位置づけとなっています。また、設備工事や窓枠、玄関枠、木製建て具枠などの取り付けや設備機器、下駄箱などの下地や据付株の取り付けも同時に行うため、互いの調整が必要になってきます。

内装にこだわりを持つなら、造作大工の腕が鍵となります

内装の仕上がりに大きな影響を及ぼすのがこの「造作工事」です。

内装にこだわりを持つ人は、高い技術を持つ造作大工に担当してもらうことで、イメージ通りの内装を実現できるでしょう。

既製品の造作材を使わず、一点ものの作りつけの家具や建物、間取りにぴったりの家具を設定してもらうことができるようになります。

木材を扱う造作大工には、木材に関する深い知識が必要

木材は生きた材料ですから、硬さや木目、伸縮性などその材料が持っている特性を知ることがまず大切。

さらにその特性に適した使用方法や、どこに使用するかを考えながら材料の選定を行います。

木材を使った組み立てについては、木材に関する豊富な知識、そして経験により培われた高い技術が必要になります。

日本建築独自の「あたたかみ」を表現できるのは、造作大工の知識と技術があってこそだと言えるでしょう。

建て方大工と造作大工を両方行う「施工大工」という種類もあります

大工の中には、建て方工事と造作工事の両方を担当する、「施工大工」と呼ばれる大工もいます。

これはいわば施工一筋の、家を建てるプロ、ということができるでしょう。

HOP社員に聞いた「大工の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?