一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 大工の仕事 » リフォーム大工とは

リフォーム大工とは

リフォームを手がける大工を「リフォーム大工」と呼びます。解体から仕上げまで一手に引き受けて行うことも。 一般的には、大工はリフォームまで手がけるのではないかというイメージが強いですが、中には新築のみを手がけ、リフォームは行わないという大工もいます。もちろん新築からリフォームまでを手がける建築会社や工務店もありますので、明確に「リフォーム大工」と区分けしていないところもあります。

リフォームとは

リフォームとは、家の設備を交換したり、内装を張り替えるところから、増改築を含むような大規模な工事まで広い範囲を指します。一般的には、古くなってしまった建物を新築のような状態に修繕・回復させるという意味で使われることが多い「リフォーム」という言葉。例えばキッチンやトイレ、お風呂の設備を最新のものに取り替えたり、壁紙を張り替えたり。中には広さを求めて増築を行う場合は、外壁の張り替えなどを行う場合もあります。 古くなってしまった住宅に、新しい命を吹き込むことができるのがリフォーム大工の仕事であると言えるでしょう。

リフォーム大工は、工夫と熟練の技術を求められる

リフォーム大工は非常に難しい、と言われることがあります。それは、まっさらなところから作るのではなく、お客さまの要望と既存の家にぴったりと合わせたものを作らなければいけないから。例えば「階段下に収納をつけたい」と言ったリフォームの場合は、いまある階段や周りの壁に合わせた収納を作る必要があります。出来上がってみると、非常に簡単にはまっているように見えますが、そこには目に見えないさまざまな工夫と熟練の技が必要になります。

リフォーム大工は、大工としての豊富な経験が必要

すでにある家を生まれ変わらせるリフォーム大工は、大工としての豊富な経験と知識が必要になります。ですから、はじめからリフォーム大工として仕事をするというよりは、さまざまな形状の一戸建てなどを経験し、家の形状を理解することが必要になります。家の構造を理解していないと、リフォームを行うことができないからです。ですから、リフォーム大工になるためには、幅広く建築業に触れ、さまざまな経験を積むことがいちばんの近道と言えるでしょう。

HOP社員に聞いた「大工の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?