一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格

建築の仕事で役立つ資格

建築関係の仕事をするうえで、資格はたいへん役立つものです。HOPでも、建築関連のさまざまな資格を取得し、仕事の現場で活かしている社員はたくさんいます。

就職や転職で有利な資格もあるため、取得に向けて勉強するのは有意義なことでしょう。

ただし、建築関係の資格には学歴と実務経験がなければ取得できないものもあり、誰もが簡単に取れるというわけではありません。

試験においては学科と設計製図の2段階となっており、いずれも超難問。合格率は1割前後とたいへん狭き門です。

例えば一級建築士の受験資格は、以下のように規定されています。

一級建築士の受験資格(一例)

  1. 指定科目を修めた大学卒業者で、実務経験が2~4年以上あること
  2. 指定科目を修めた短大・高専卒業者で、実務経験が4年以上あること
  3. 二級建築士で、実務経験が4年以上あること

もちろん、建築士の資格だけが仕事に役立つというわけではありません。建築関係で働くなら取得しておいたほうがよい資格は他にもあります。

ここでは、建築会社の仕事で役立つ資格について、具体的な仕事内容や資格を取得するまでの流れをまとめました。なかには実務経験がなくても取得できる資格や、年齢や学歴などの制限がなく誰でも受験できる資格もあります。

建築業界で働くことを目指しているなら、取っておくべき資格ばかりピックアップしました。建築業界への就職・転職を希望している方は、資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

建築業界で活かせる主な資格リスト

一級建築士

建築士を目指している方なら、誰もが取得を目指すであろう一級建築士の資格。HOPには、技術系スタッフのおよそ3人に1人が一級建築士として在籍しています。一級建築士になれば一般住宅はもちろん、大規模な建物や高度な技術を必要とされる建物など、あらゆる建築物の設計・監理が対応可能。具体的な仕事内容や取得までの流れを紹介しましょう。

一級建築士の資格取得とお仕事
について紹介します

二級建築士

国の免許である一級建築士に対し、二級建築士は都道府県知事の免許を受けてなる資格です。対応できる建築物に制約はあるものの、一般的な戸建住宅であればほとんどの建物の設計・監理ができます。また、実務経験がなくても一部大学生などに受験資格があるのも二級建築士の魅力。入社したらすぐに資格取得を勧める建築会社も、多いようです。

二級建築士の資格取得とお仕事
について紹介します

木造建築士

文字通り、木造建築物の設計・監理に特化した建築士です。RC造をはじめとする近代建築物には対応できないことから、他の建築士免許取得者より数は少ないですが、伝統的な日本家屋についてはスペシャリスト。古民家再生や歴史的建造物の修復など、他の建築士では手掛けられない仕事もたくさんあります。また二級と同じく、実務経験なしでも受験資格があるのも特徴です。

木造建築士の資格取得とお仕事
について紹介します

建築設備士

空調や配管など、建物の設備に関する専門家です。高度かつ複雑化する建築物が増えるなか、一級・二級などの建築士が建物設備まで十分に考慮することが難しくなってきました。そこで、建築士が描く設計図面にアドバイスをするというポジションが建築設備士の使命。より快適な空間をつくるために、的確な助言や商品の提案など幅広い知識が求められます。

建築設備士の資格取得とお仕事
について紹介します

建築積算士

建築会社にとって「積算」は、重要な業務のひとつです。設計図通りに建てるには、どれだけの人材や材料が必要で、どれくらいの費用がかかるのか。建物のトータル価格を適正にはじき出す積算業務のスペシャリストが、建築積算士です。デスクワークが多いですが、限られた予算内でお客様の希望をかなえるために、発注や施工管理業務などに携わることもあります。

建築積算士の資格取得とお仕事
について紹介します

宅地建物取引士(宅建)

あらゆる資格のなかで、受験者数がトップクラスの宅地建物取引士(宅建士)。宅建士といえば不動産会社に勤める方が持つ資格というイメージがありますが、建築会社でもこの資格が大いに求められます。土地や建物の売買取引を、不動産会社を介さずに自社で行うことによって、よりリーズナブルな価格で物件を提供できるなど、会社やお客様にとっても大きなメリットをもたらす資格です。

宅地建物取引士(宅建)の資格取得
とお仕事について紹介します

施工管理技士

施工管理技士には、「建築」「電気工事」「土木」など、6つの種目があります。これらについて高い専門知識を持ち、現場などで管理業務をするのが施工管理技士の仕事。建物の品質や現場で働く職人たちの安全管理に努めながら、スケジュール通りに工事を進めていくという重要なポジションです。ゆえに、この資格の有無が昇給や出世にも大きく影響します。

施工管理技士の資格取得とお仕事
について紹介します

インテリアプランナー

インテリア商品の選び方や配置などをアドバイスするだけでなく、建築物の設計や工事監理、検査までをトータルで対応できるのが、インテリアプランナーです。最近、受験資格が緩和されて年齢制限や実務経験などがなくなり、誰でも受験できるようになりました。しかし、一級建築士でも取得できないほど、難易度の高い資格としても知られています。

インテリアプランナーの資格取得と
お仕事について紹介します

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?