一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 現場監督の仕事 » 現場監督に必要な資格はある?

現場監督に必要な資格はある?

このサイトは 「ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

日本で現場監督として働くために必要不可欠な資格は設定されていません。しかし、現場監督としてのスキルや経験を示す指標として役立つ資格はあります。

このページでは、現場監督の資格について解説します。ぜひ参考にしてください。

現場監督になるために資格は必要?

前提として、現場監督として働くために必ず取得しなければならない国家資格といったものは存在しません。そのため、現場監督は医師や弁護士のように資格がなければ働けない職業とは異なり、ある意味では誰でも働ける仕事といえます。

しかし、そもそも現場監督として建築現場や建設現場を任せられるには相応のスキルや経験が必要であり、また自分にそれらが備わっていると示さなければなりません。そのため、資格はそのような客観的指標として効果的です。

資格があると転職やキャリアアップがしやすい

現場監督という職業そのものに資格が不要でも、実務をこなすためには相応しい経験や技能、スキルを備えていることが必要です。

言い換えれば、現場監督としての実力や経験を示せる資格を取得しておくことで、客観的なアピール材料になり転職やキャリアアップでチャンスをつかみやすくなります。

また、建設現場や工事の規模によっては特定の資格取得者を配置しなければならないこともあります。そのような資格を取得しておけば、強い武器になるでしょう。

現場監督を目指す人におすすめの資格

施工管理技士

現場監督として働く上でまず目指したい国家資格が「施工管理技士」です。施工管理技士は、適切な施工を管理する専門家であり、この資格を取得することで現場監督としての仕事の幅も広がります。

また施工管理技士には一級と二級が存在しますが、少なくとも二級の資格を取得すれば主任技術者への道も目指せます。そのため、無資格のまま現場監督を目指すより、受検資格に必要な実務経験を積んで二級施工管理技士を取得するほうが近道かもしれません。

2024年度から受験資格が見直されており、人によっては受験しやすくなったこともポイントです。

※参照元:厚生労働省「令和6年度より施工管理技術検定の受検資格が変わります」(PDF)(https://www.mlit.go.jp/tochi_fudousan_kensetsugyo/const/content/001707687.pdf

建築士

建築士は国家資格であり、建物の設計や工事監理を行う専門家です。

建築士には一級と二級、そして木造という3つの資格区分が存在しており、それぞれの資格に応じて設計・工事監理できる建築物の条件が設定されています。

建築士に関しては建築士法の改正によって受験資格が見直され、実務経験7年以上で建築に関する学歴がなくても受験可能になりました。さらに指定の学歴があれば実務経験なしで二級建築士試験を受験できるなど、受験のハードルが低くなっています。

※参照元:公益財団法人建築技術教育普及センター(https://www.jaeic.or.jp/shiken/2k/exam-qualifi-2kmk/index.html

監修

sponsored by
ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社(HOP)では、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?

sponsored by
ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社