一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » コンクリート技士

コンクリート技士

コンクリート技士とは、一見聴き慣れない方も多いと思いますが、コンクリートの製造や建築物への施工、検査・監理などの業務を行うコンクリートを取り扱うプロフェッショナルのことです。

設計士や製図家とも連携する、またはデザイナーがかいた手書きの図面やデザインを調整することもあり、コンクリートに関する幅広い知識とスキルを持ち合わせています。

ここでは、コンクリート技士における資格の概要と受験資格、試験の流れ、合格率などを詳しくご紹介します。

コンクリート技士ができること

コンクリート技士は、コンクリートを取り扱う最も基本的な資格になります。

仕事内容としては、コンクリートの製造や施工、検査および管理を担当し、建築現場においてはセメントの扱いや品質・状態確認まで、コンクリートに関する業務全般を担当します。

冒頭でも触れた通り、コンクリート技士は設計士や製図家とも連携し、デザイナーがかいた図面の調整なども行うため、多くの業界から注目を集めている資格になります。

コンクリート技士には、上級資格に「コンクリート主任技士」という資格もあり、取得するとコンクリートの製造や施工、検査だけではなく、実施製造や研究に関わる計画・管理も担えるようになります。

コンクリート技士になるためには?

受験資格について

コンクリート技士の受験資格ですが、公益社団法人「日本コンクリート工学会」が主催する「コンクリート技士試験」に合格しなければ取得できません。

受験資格については、以下の通りです。

コンクリート技士の受験資格

(1)コンクリートの技術関係業務実務経験が3年以上有する者(学齢・年齢は関係なし)

(2)大学・高専・短大でコンクリート技術に関する科目を履修し卒業した者については、実務経験を2年以上有する者

(3)高等学校でコンクリート技術に関する科目を履修した卒業者のうち、実務経験が2年以上有する者

(4)コンクリート診断士、一級建築士、技術士(建設部門・農業部門-農業土木)、(特別上級・上級・1級)土木技術者(土木学会)、RCCM(鋼構造及びコンクリート)(建設コンサルタンツ協会)、コンクリート構造診断士(プレストレストコンクリート工学会)のいずれに登録している者

コンクリートに関する幅広い知識や経験を備えているコンクリート技士は、工事の信頼性向上のためには重要な役割を担います。建設現場に関わる仕事に就こうと考えている方には、ぜひおすすめしたい資格の1つです。

引用元: 公益社団法人「日本コンクリート工学会」受験の案内

(https://www.jci-net.or.jp/j/exam/gishi/pdf/gishi_2019.pdf)

試験の流れ

コンクリート技士試験の流れですが、筆記試験の選択式、◯×式となります。

合格のためには、四肢択一式の問題と◯×式の問題を合わせて、7割以上に解答率が欲しいところです。

2019年度の試験日については、11月24日(日)に行われました。試験時間は、午後1時30分〜午後4時の2時間30分となっています。

学科試験の内容

学科試験の内容については、「土木学会コンクリート標準示方書」「関係法規およびコンクリート関係のJISにおける基礎的な知識」など。

引用元:公益社団法人「日本コンクリート工学会」受験の案内

(https://www.jci-net.or.jp/j/exam/gishi/pdf/gishi_2019.pdf)

申し込み方法

コンクリート技士試験に申し込むためには「受験願書」を購入しなければなりません。

受験願書の代金ですが、コンクリート技士および主任技士ともに1部1,000円(消費税及び送料込み)となります。

なお、受験願書は販売期間も指定されているため毎年日程を確認しておきましょう。

購入方法ですが、公益社団法人「日本コンクリート工学会」の窓口では販売されていません。全て簡易書留郵便による郵送での購入のみになりますので、こちらも注意が必要です。

コンクリート技士の難易度

コンクリート技士の難易度ですが、主任技士になると難易度は上がるものの技士の場合には、基礎知識の習熟度をはかる試験となるため、出題される問題自体は決して高くはありません。出題も同じ問題が出されることも多いので、きちんと学習してれば問題ありません。

ただ、内容自体は広範囲であること、出題数が多いこともあり、スピーディーに回答する必要があります。

過去のコンクリート技士、コンクリート主任技士の合格率は以下になります。

しっかりと学習できていれば、決して難易度が高いわけではありませんが、広範囲に出題されるため幅広い知識が必要です。

コンクリート技士の難易度ですが、建築・土木関係の他の資格とそこまで変わりはありませんが、1級土木施工管理技士よりは難易度が高いと考えられています。

合格のポイントは、問題集等で過去問をしっかり学び進めることです。試験は、それぞれの科目から満遍なく出題されるためどのくらい網羅できるかが重要になります。

コンクート技士は、現在土木関係の資格の中でも非常に注目度が高いため、ぜひ建設・土木現場にて働きたいと考えている方は、一度検討してみることをおすすめします。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?