一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » 競売不動産取扱主任者

競売不動産取扱主任者

競売不動産取扱主任者とは、一般社団法人不動産競売流通協会(FKR)が認定している資格です。競売不動産取扱主任者の業務や活躍の場、試験情報を紹介します。

競売不動産取扱主任者ができること

競売不動産取扱主任者ができることは、不動産競売を専門に一般消費者に競売に関するアドバイスやサポートすることです。

裁判所競売物件が適用される民事執行法のほか、民法や民事手続法など、さまざまな法律の知識が必要になります。また、裁判所競売物件は内覧ができないので、選択眼を養うための実践も大切です。

一般流通物件の専門家である宅地建物取引士も、競売不動産取扱主任者としての知識を身に付けることで、競売のプロとしても活躍の場を広げられます。「競売で物件を手に入れたいから対策を教えて欲しい」というニーズに応えることができるでしょう。

競売不動産取扱主任者になるには?

競売不動産取扱主任者になるには、一般社団法人不動産競売流通協会(FKR)が実施している試験を受ける必要があります。受験資格と試験の流れについて見てみましょう。

受験資格

競売不動産取扱主任者には、とくに受験資格は設けられていません。ただし、試験合格後「競売不動産取扱主任者」として仕事をするために登録する段階では、宅地建物取引士(主任者)資格試験の合格が要件の一つとなります。

試験の流れ

競売不動産取扱主任者の試験の流れは以下の通りです。年によって変わる可能性もありますので、詳しくは不動産競売流通協会(FKR)のホームページをご確認ください。

参照元:一般社団法人不動産競売流通協会公式HP/2022年度試験スケジュール

合格後は登録講習を受ける必要がある

合格者に対し、合格証と登録申請書類が送付されます。「競売不動産取扱主任者登録講習」を受講して修了した方が、「競売不動産取扱主任者」として登録されます。

競売不動産取扱主任者の難易度

競売不動産取扱主任者の試験は、宅地建物取引士の試験勉強をしたことがある方ならば、20~25時間程度の勉強で合格できる内容です。合格率は年によって異なりますが、30%〜40%の範囲となります。2021年度の試験結果は、以下のとおりです。

参照元:一般社団法人不動産競売流通協会公式HP/2021年度 競売不動産取扱主任者試験 合格者発表

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?