一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » 福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害を持つ方が自立した生活を送れるように住環境を整えるためのサポートを行います。医療や福祉分野だけではなく、建築に関しても幅広い知識を身につけているため、建築分野でも活躍できる存在といえるでしょう。さまざまな人が快適に暮らせる環境を提供するために、必要とされている資格です。

福祉住環境コーディネーターができること

各種専門家と連携を取ることにより、高齢者や障害を持っている方も快適に暮らせる住宅建築や施設の改修プランなどを提案します。この時、バリアフリーだけではなく介護用品などについても助言を行うことができるのは、福祉分野の知識も豊富な福祉住環境コーディネーターならでは。 特に高齢化が進む日本においては、介護分野だけではなくさまざまな分野でスキルを発揮できる資格であるといえるでしょう。

福祉住環境コーディネーターになるには?

受験資格

福祉住環境コーディネーター資格試験1級は、2級合格者のみが受験可能となります(申し込み時に2級証書番号が必要)。また、学歴や年齢、性別、国籍による制限は設けられていません。

また、2級・3級に関しては、試験日当日に日本国内に居住している方であれば誰でも受験可能です。

試験の流れ

1級の試験は、午前と午後に分かれて行われます。午前(前半)の試験はマークシート方式、また午後(後半)の試験は記述式となっており、制限時間はいずれも2時間。説明や配布、回収等で別途30分程度かかります。

2級と3級は多肢選択式で制限時間は90分となります。

学科試験の内容

学科試験は、公式テキストに該当する知識と、その知識を理解した上での応用力が問われます。例えば1級試験の場合では「地域で支える高齢者ケア・障害者ケア」「ユニバーサルデザインの概念および沿革」「福祉住環境のコーディネートの実際」など、幅広い範囲を対象とした試験が行われます。

記述式試験の内容

1級の記述式試験では、実践力や応用力に加え、総合的判断力を見るための問題が出題されます。こちらの内容も、公式テキストに準拠した内容が出題されますが、法令制度に関する問題も出題されます。

資格の難易度

2020年度の合格率を見ると、1級は12.8%、2級は46.8%、3級は66.8%となっており、1級合格を目指すのはかなり難易度が高い試験であるといえるでしょう。2019年度の合格率を見ても、1級に関しては13.8%となっています。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?