一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

メインバナー

“本物を極めたものづくり”こそ、
建築のやりがいである

建築の仕事は、単に「家を建てること」ではありません。

お客様の家づくりに対する強い想いを受け止め、想像以上の感動や満足を与える。

それが、私たちHOPの仕事であり、“やりがい”なのです。

HOPでは、建築にやりがいをもって向き合える仲間を募集しています。

サイト運営:ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社(HOP)

石出和博

本物を生み出す
プロフェッショナルが伝える
“建築のやりがい”

職種が違えば、性別も経験も異なるHOPの社員に、「建築のやりがい」について聞いてみました。HOPだからこそ感じることができるやりがいとは、どのようなものなのでしょうか。

建築と向き合う、
HOP石出のルーツを辿る

一級建築士として数々の作品に携わってきた、HOP代表取締役会長の石出和博について、少しお話させてください。

HOP石出が建築と出会うまで

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社代表取締役会長 石出 和博

石出和博の略歴

石出会長

1989年、一級建築士事務所アトリエアム設立。

1996年、林野庁と北海道の支援を受け、国産材の確保から製材、設計、建築までを協業化した新しい住宅供給システムHOP(ハウジングオペレーションアーキテクツInc)を設立、現在に至る。

木材供給システムにて林野庁長官賞受賞。

消費者志向優良企業として経済産業大臣賞受賞。

経済産業省主催「ジャパンベンチャーアワード」にて環境特別賞受賞。

著書に、家を建てる前に読む本「ハウスドクター診察室」(2005年刊)、石出和博とアトリエアムの世界(2008年刊/ARTBOX社)、美しい日本の邸宅(2014年/幻冬舎)がある。

日本の建築の美しさに気づいたアメリカ滞在時代

石出が建築の世界を志すようになったのは、30代のときでした。それまで、ビール会社の会社員だった石出は、工場を建設する建築課に在籍。ここで建築の面白さを知り、働きながら夜間の短期大学で建築を学び、卒業後は会社の研修で渡米します。

渡米後、ホームステイした先での出来事。アメリカのある建築会社の社長から「日本の木造建築の技術は素晴らしい」と、感心した様子で日本の五重塔の写真を見せられました。しかし、社長から「これはどこの五重塔だ?」と尋ねられた石出は、当時その五重塔が日本のどこにあるのか答えることができませんでした。

後にその建物が法隆寺の五重塔だと知った石出は、日本の伝統的な建物に興味を持つようになります。そしていつしか、「日本建築の伝統を生かしながら、豊かな住環境をつくりたい」という夢を抱くようになりました。

帰国後は、茶室建築を手掛ける宮大工の会社に転職。茶室の設計や現場監督をしながら、京都の名建築で使われる技術を学び、没頭していくようになります。

HOPの礎となった西岡常一さんとの出会い

「あなたがつくる建物が、50年もすればその町の文化になる。そういうものをつくらなければいけない。本物の素材をうまく生かし、古くなっても美しいもの―それこそ、本物の建築です。職人と一緒に、建物に命を吹き込むという責任感を持って建築してほしい」

これは、千年以上も長きにわたって建ち続ける法隆寺の「三重の塔」や薬師寺の「西塔」の再建を手掛けた、宮大工・西岡常一氏の言葉です。西岡氏は、塔組みに使われる木の心を知り、現代に伝統を受け継ぎ、次の世代に引き継ぐことに一生をかけた方でした。

西岡氏と石出の出会いは20年以上も前にさかのぼります。千年の歴史を相手にしてきた匠の言葉は、石出の建築に対する姿勢と考え方までも変えるものでした。

木造建築は「年月が経つと深くなる」といわれます。完成時には真新しくても、やがて周囲に溶け込み、最初からそこにあったように馴染む。本物こそがにじみ出る深みのある家を建てたいという西岡氏の言葉に倣った考えは、HOPの全社員に根付いています。

HOPでは、先人たちが植えてくださった国産木材を、みんながもっと知恵を出し合ってうまく使い、未来に住文化という遺産を引き継ぐために日夜、闘っています。

HOP創業者・
石出和博に聞く
共に働きたい仲間

なぜHOPは“本物の建築”に
こだわるのか

  • 外観
  • リビング
  • リビング2
  • ダイニング
  • 書斎
  • 外観
  • リビング
  • リビング2
  • ダイニング
  • 書斎

「エコロジカルな暮らしを堪能する家」引用元:HOP公式HP
(https://www.hophouse.co.jp/the_hop_house/residence/3401/)

家づくりとは、本来、人生のなかでもっとも大きな「楽しい遊び」だと、HOPでは考えます。

お客様がこれまでの人生で培われた“美意識”を、家づくりにも反映させることで、快適な暮らしを実現するとともに、愛着のある家が建つのです。

しかし今、多くの人はまるで車を買うような気持ちで出来合いの住宅を選んでいます。お客様が家づくりを十分に楽しめないことで、愛着のない住宅が完成してしまいます。

また、愛着のない家が並ぶことで、街並みという環境にも大きな影響を与えてることでしょう。

「まわりの環境が人間の習慣的美意識をつくり、人生全体を支配するほどの強い力を持っている」と、欧米の建築学者たちは言います。

日本の建築にも、“わびさび”の空間や懐かしい心象風景、繊細な表現や心がありますが、それが今、どこかに忘れ去られ、無味乾燥な街並や環境になってきているように感じます。

このままでは、子どもたちの時代になると、殺伐とした魅力のない家や街並みしか残らない日本になってしまいそうで、心配です。

HOPでは、新しい発想を取り入れながら日本人の美意識を取り戻す「本物の建築」を目指しています。

子や孫の世代にも、時代を越えて残り続ける建物をつくる。それが、建築に携わる者にとっても大きな喜びであり、やりがいです。

こうした気持ちに共感いただける仲間を、HOPでは求めています。

HOPの採用情報をまとめました

時代を超えて愛される建築を
HOPで働く“やりがい”とは

日本の伝統美を映した唯一無二の注文住宅を手掛ける、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社(HOP)では、家づくりに携われることに喜びを感じられる仲間を募集しています。

日本には、千年以上も守り続けられる伝統的な建築物が数多くあることをご存知ですか?わびさびの空間、懐かしい心象風景、日本人ならではの繊細な表現や心、これらの信念を随所に取り込み、お客様の子や孫の世代になっても「味わいのある家」として愛着が持たれるような、日本人の美意識を取り戻す“本物の建築”を、私たちは目指しています。

時代を越えて残り続ける建物をつくることは、家づくりに携わる者にとっても本望であり、仕事を遂行するうえで、あなたのやりがいにも繋がることでしょう。

このサイトを通して、HOPの建築に対する想いに少しでも共感していただけたなら、ぜひ一度、私たちHOPとお話をしてみませんか。

HOPの所在地

HOP本社

HOP札幌北海道札幌市中央区北4条西21丁目2-1

HOP東日本神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1クイーンズタワーA棟7F

HOP名古屋名古屋市中区錦二丁目4番15号 ORE錦二丁目ビル10F

建築の仕事に「やりがい」を感じる10の瞬間

建築の仕事に携わる者として、具体的に「やりがい」を感じるのはどのような瞬間なのでしょうか。 一般的に考えられている、様々な「やりがい」を集めました。

自分が建てた家でお客様を
“笑顔”にできる
家族

どんな建物も、お客様の要望に応えてつくられます。その要望一つひとつを取り込みながら自分たちが設計・建築し、完成した住まいを目にしたお客様の喜ぶ”笑顔”を見たとき、これ以上にない「やりがい」を感じられます。

ずっと残るものを建てられる
伝統的な建物

自分がつくった建物が、何十年あるいは何百年と、その土地に残り続ける。それも建築に携わる者ならではの喜びでしょう。そこに住むお客様の子や孫の世代まで、時代を超えて多くの人に親しまれる建物をつくることも、私たちの使命です。

街づくりに貢献できる
town

建物をつくるという仕事は、地域の街づくりにも貢献します。自分が設計・建築した建物の魅力が、その街に住む多くの人々に伝わり、やがて街づくりにまで大きな影響を与えることも可能なのです。

新しいことにチャレンジできる
挑戦

注文住宅は、二つとして同じものはありません。ベテランの建築士でも、今までにないまったく新しいデザインや概念で家づくりに取り組むこともあります。新しいことに常にチャレンジしていくことで、自身の成長にもつながります。

ゼロから”ものづくり”ができる
モノづくり

ものづくりの楽しさは、今までなかったものをゼロベースから作り上げていくところにあります。注文住宅なら、その楽しみは格別。図面で表現したものが、実物大の家として完成するまで見届けられるのも、建築に携わる醍醐味でしょう。

人の一生に大きな影響を与える役割を担える
家族だんらん

家は一生で一度の買い物といわれます。お客様にとって、家を建てることは人生の一大イベントであり、住み始めてからの人生にも大きな影響を与えます。一生を左右する家づくりに関わることは重責であり、それを成し遂げたときの達成感は格別です。

歴史に残る名誉ある
建造物になることも
歴史的建造物

日本には世界に名をはせる建築家がたくさんいます。自分が携わった建築物が評判を呼び、こうした巨匠たちに並ぶ作品になることも夢ではありません。建築の歴史の1ページを刻むことも、私たちの仕事です。

多くの人に信頼される
ポジション
信頼

家づくりは、お客様はもちろん、多くの職人たちと協力しながら進められます。たくさんの人とコミュニケーションをとりながら信頼関係をつくり、そのネットワークを広げていくことで、仕事のフィールドも広がっていく―そんな夢のある世界なのです。

知識と経験を蓄積し
人として成長できる
成長

一軒の注文住宅を手掛けるだけで、新しい知識や技術をたくさん習得できるのも建築業界で働く魅力です。多くの家を手掛ければ、それだけ得るものも増えていきますし、加えて経験と実績も社会的に評価されるようになります。

お客様の夢を
叶えることができる
夢を叶える

家づくりは、お客様の夢の一つです。その夢を叶えるために、自分がこれまで培った技術やノウハウを惜しみなく提供し、漠然としたイメージをカタチにしていくお手伝いができることが、建築に携わる私たちの「やりがい」でしょう。

「建築のお仕事」の将来性と
今後求められるもの

建築業界を目指している方には、「この仕事は将来も安泰なのか」「果たして自分に適した仕事なのか」など、いろいろな悩みを抱えている方も多いかと思います。そんな悩みに対して、建築業界の“今とこれから”をお伝えしましょう。

“特需”で好景気の建築業界

建築現場1

建築業界は今、好景気にわいています。それは、2020年に開催予定の東京オリンピックに向けた「オリンピック特需」をはじめ、東日本大震災の復興事業による「震災特需」も重なり、多種多様な仕事が舞い込んでいる状態であるから。

では、こうした特需がなくなった後、建築業界の仕事はどうなるのでしょうか。多くの建築会社の経営者は、「2020年以降も多くの仕事がある」と推測しています。

2027年には、東京・品川から名古屋までを結ぶリニア新幹線が開通予定。東京や名古屋はもちろん、区間内で停車する駅に人口が増えると考えると、新たな住宅の建設が求められるでしょう。

また、高度経済成長期に建てられた家の住み替えが増えていくことも考えられています。

大都市のベットタウンとして形成された1970年代前後の団地街では、築年数が50年前後という老朽化した建物が多く存在。新しい家を建て替える需要が増えているのです。

短期的にも、長期的にも、建築業界には多くの仕事が舞い込み、しばらくは安泰といえるでしょう。

人材不足の課題を抱える建築会社も

建築現場2

今後も仕事がたくさんあると想定される一方で、建築業界は「人手不足」の悩みを抱えています。

総務省が行った労働力調査によると、建築業界で働く人の数はここ10年で1割以上も減っているという結果が。

特に、20代や30代の若年層の減少は深刻で、いま現場で働いている世代が定年を迎えるころには後継者不足になり、技術やノウハウが継承されないのではないかと心配されているのです。

さらに建築業界では、少しでも安価に仕事を引き受けようとする「オーバーカンパニー」といわれる状況が継続中。

格安で住宅を建てている会社は、ワンランク低い建築資材を用いたり、現場で働く人たちの人件費を抑えたりといった問題が顕在化し、人材不足にも拍車をかける一因にもつながっています。

レベルの高い建築がより重視される今だからこそ、「本物の価値」を求めるお客様のニーズに唯一無二の住宅づくりで応えることができるHOPには、多くのチャンスがあるのです。

今こそ品質が重要視される時代

和魂洋才を形にした都会の中の家
引用元:HOP公式HP
https://www.hophouse.co.jp/the_hop_house/residence/3356/

今後、さらに家づくりに品質が求められることを知って、もしあなたが、「建築でこだわりを追求したい」「お客様の要望にしっかりと応えてやりがいのある仕事がしたい」と考えているのであれば、その舞台をHOPが用意しています。

多くの高級住宅を手掛けてきた経験から培ったHOPの技術やノウハウを学び、いつまでも安心して住み続けることができる“その人の一生となる住宅”を建ててみませんか。

HOPはこれからも、次世代まで愛される注文住宅を提供し続けていきます。

誤解しないでほしい、
建築業界の魅力

人間関係の構築に大事なのは「互いに尊敬すること」

建築業界で良好な人間関係を築くには、「互いに尊敬しあう気持ち」が大切です。

建築業界で働くプロたちは、自分の仕事に誇りを持って働いています。同じ現場でも、持っている技術やノウハウは職種や人によってそれぞれですから、話が合わないことも多々あるでしょう。

ですが、お客様のために素敵な家をつくるという目的は全員同じ。その目的を達成するために、例えば施工管理者であれば、仕事に関わる全ての人が安全かつ持っている技術を遺憾なく発揮できるように、現場を取り仕切らなければなりません。

まずは、お互いを知ること。尊敬の心で積極的にコミュニケーションをとりながら、思いやりを持って対応することにより、人間関係はどんどん深まっていくでしょう。

建築の仕事がきついのは没頭していないから?

建築業界に対して「仕事がきつい」というイメージを持っている方もいることでしょう。どんな仕事でも同じですが、本当に好きな世界でなければ仕事は続かないもの。

HOPではお客様の家づくりに対する情熱や思い入れを大切にしているため、本当にお客様のための建築に没頭できる社員がやりがいを感じ、輝いています。

苦労をして手掛けた注文住宅が完成したとき、その達成感や充実感が大きいことは、建築の魅力のひとつ

お客様の要望を受け止めカタチにし、想像以上の感動や満足を与える住宅が完成したとき、建築に携わる者としてこれ以上ない喜びがこみ上げてくるでしょう。

ほっとして肩の荷が下りたときに、お客様からいただく感謝の言葉、ご家族の笑顔、そして自分の手掛けた家がお客様の人生の一部となり、これから何十年と愛され続けることを考えれば、これ以上の「やりがい」を感じられる仕事はないと思います。

ときには失敗したり、苦労したりすることもあるでしょう。でも、様々な経験をして困難を乗り越えていくことが、人間としても成長につながっていくのではないでしょうか。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?