一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 施工管理と現場監督の違い

施工管理と現場監督の違い

施工管理の業務は、工事の現場で仕事をする職人や技術者のコントロールです。工事全体のスケジュールを把握して納期に間に合わせるように仕事内容を調整。他にも、予算を決めたり、お客さんとの打ち合わせに参加したりと、業務内容は多岐にわたります。当然ながら、計画書や工期の書類作成などデスクワークも必要な仕事です。
現場監督も仕事内容は似ていますが、より現場中心の仕事がメインに。現場で働いている人たちに直接指示を出すため、働いている人たちとの円滑なコミュニケーションが必要です。施工管理と比べてデスクワークは減りますが、会社によっては計画書や各種書類作成も兼任しているところもあります。

建築における施工管理とは

施工管理とは、施工計画に基づいて工事を計画通りに進行するための管理業務です。工程の進捗管理を取りまとめるのはもちろん、品質や安全、原価管理などをふまえて総合的な管理能力が求められるでしょう。
建築業界では、鉄筋、コンクリート、型枠、鳶、大工などさまざまな分野の職人が集結して工事に取り組みます。これらの職人を束ねつつ、建築物に応じて人材の配置や重機の手配などのスケジューリング能力も必要です。
また建築中は、天候や予想外のトラブルで作業に遅れが出ることもあります。進捗に影響が出るようであれば、業務を調整して納期に間に合わせるような対応力も大切です。このように、施工管理の業務は多岐にわたりますが、対応力やマネージメント力といったスキルが活かせる、やりがいにつながる仕事といえます。

建築における現場監督とは

現場監督は、工事現場で指揮をとり作業を円滑に進めるように指示する役割があります。建築現場は、鉄筋、コンクリート、型枠など職種の異なる職人をコントロールしなくてはいけません。全員を束ねて、作業を円滑に進めていく統率力が求められます。
職人をまとめるためには、コミュニケーションは必須。積極的に現場で働く職人と話し合い、作業を進めやすくするリーダーシップが欠かせません。
反対に、コミュニケーション能力が不足していると現場の職人から信用されなくなり、計画通りに工事が進まなくなる可能性もあります。現場での進行を円滑に進めるために、統率力とコミュニケーション力を重視して取り組める人が現場監督に向いています。

施工管理のプロにやりがいを聞いてみた

建築物の計画から完成まで任されるので責任も大きくなりますが、自分のキャリアアップにもつながりやすい仕事です。
こちらのページでは施工管理のやりがいや仕事内容についてまとめています。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?