一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 現場監督の仕事

現場監督の仕事

このサイトは 「ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

現場監督は、建設現場で工事がスムーズに進行するよう、工程の管理、品質の確保、安全の維持、そしてコストの管理を一手に担います。この記事では、現場監督の主な仕事内容と、施工管理との違いについて紹介します。

現場監督の仕事内容

現場監督は、実際の建設作業を行うわけではありませんが、作業員の安全を守り、プロジェクトが計画通りに進むよう指揮を執る重要な仕事です。

具体的には「工程管理」「品質管理」「安全管理」「原価管理」が主な仕事内容となります。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

工程管理

工程管理の目的は、スケジュール通りに工事が進むようにすることです。具体的には、工事の納期内にすべての作業が完了するよう工程表を作成し、日々の進捗をチェックしながら、必要に応じて作業の優先順位を調整することが求められます。

また、工事現場では予期せぬ問題が発生することもあり、それに迅速かつ効果的に対応することも工程管理の重要な部分です。作業効率を最大化し、遅延が最小限に抑えられるよう、業者との連携や材料の手配も適切に管理します。

品質管理

品質管理では、建物が設計通りに、かつ法令や建築基準に準じた品質で完成するよう監督します。これには、使用される材料が仕様書に沿ったものであるか、施工方法が正しいかを確認する作業が含まれます。また、定められた品質基準を満たしているかを検証するための各種テストや検査を実施し、その結果を記録に残すことも必要です。

また、施工の各段階での写真撮影を行い、品質管理の証拠として記録を残すのも大切な仕事の一つ。これにより、完成後の品質が保証されるだけでなく、将来的な問題が発生した際の対応も可能となります。

安全管理

現場監督の業務の中で特に重要なのが安全管理です。作業員が事故なく安全に作業を行えるように、様々な安全対策を実施します。

具体的には、日々の安全指導や作業開始前の安全チェックを行い、危険がないかを徹底的に確認します。また、「危険予測活動」や「5S運動(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)」を通じて、現場の整理整頓を促進し、事故の未然防止に努めます。

安全管理の中では、作業員だけでなく、近隣住民の安全も考慮に入れることが求められます。重機の使用や高所での作業など、特に危険を伴う作業には、周囲に対する注意喚起とともに、職人や業者間でのコミュニケーションを密に取ることが重要です。

原価管理

原価管理は、工事の予算内で完了させるために必要な経費をコントロールする業務です。具体的には、人件費、材料費、機械費などのコストを計算し、実行予算と比較しながら適切な費用削減や予算調整を行います。

予期せぬ天候不良や事故などで工期が延びるリスクにも対応し、最終的な利益を確保するための予測と調整が不可欠です。適切な原価管理は、プロジェクトの利益率を保つだけでなく、企業の財務健全性を維持するためにも欠かせない業務と言えるでしょう。

業界ごとの現場監督の仕事内容

業界によって工事の内容は様々ですが、どのような現場でも現場監督として求められるスキルや経験があり、それらの共通点や業界ごとの特性を把握することが大切です。

【建設工事業界】で働く現場監督の仕事内容

ハウスメーカーや住宅会社などへ就職した場合、マンションやビル、あるいは個人の注文住宅などの建築現場や建設業界で現場監督として活躍することが求められます。

建設工事業界では建築士や現場作業員だけでなく、施主や自社の営業スタッフとコミュニケーションを取ってニーズや要望をくみ取る必要性もあり、同時に複数の現場をマネジメントしなければならないことも少なくありません。

【土木工事業界】で働く現場監督の仕事内容

公共事業による道路工事や鉄道工事、ダム工事など土木工事業界では比較的大規模なプロジェクトへ携わることもあるでしょう。そのため現場で管理業務に従事するだけでなく、時には用地確保や発注者とのミーティング、会議資料の作成といった事務手続きまで色々とカバーしなければなりません。

また地盤調査や地質調査、測量、積算といった分野についての知識やスキルを求められることもあります。

【電気工事業界】で働く現場監督の仕事内容

電気工事業界は、個人の住宅はもちろんビルや商業施設、あるいはトンネルやダムなど様々な現場で配線工事を請け負うことが主な仕事です。そのためそれぞれの対象に合わせた施工図面を作成・修正したり、顧客に対して適切な工法やプランを提案したりすることもあります。

また実際に配線作業の技術者へ指示を出して状態確認をするためには、電気工学の知識を身につけた上で現場の特性を把握しなければなりません。

現場監督と施工管理の違い

現場監督と施工管理者は、どちらも建設現場において中心的な役割を担いますが、その立場や職務内容には若干の違いがあります。現場監督は主に現場での作業指導や資材の発注、作業員の管理を行い、現場の日々の動きを直接指揮します。

一方、施工管理者は、施工管理技士の資格を持つことが多く、全体的なプロジェクトの管理、予算やスケジュールの管理、事務作業などを担当することが一般的です。

企業によっては、現場監督と施工管理を区別しないこともありますが、一般的には施工管理者がより広範な管理業務を、現場監督がより具体的な現場作業の指導を行うというイメージがあります。

施工管理の仕事内容・
やりがいを詳しく見る

現場監督と現場代理人の違い

現場監督が工事現場で全体を管理して実務をマネジメントしていく仕事であるのに対して、現場代理人は工事契約や施工内容について事務処理を担当する立場の仕事です。また施主の代理人やプロジェクトに関与している企業の代理人として現場を訪れ、実際に契約通りの作業が実施されているかきちんとチェックするといった業務を任されることもあるでしょう。

現場代理人は常に工事現場へ配置されるとは限らない職種であり、一般的には現場監督の代表者として「現場所長」や兼任することになります。

現場監督に必要な資格はある?

現場監督として仕事をする上で、法的なルールによって取得が義務づけられている資格はありません。そのため、無資格者であっても現場監督として従事することは可能です。

しかし現場監督は工事現場で作業の流れや技術者の動きを把握し、現場の業務を適切にマネジメントしていく重要な役割を担っています。そのため現場監督には相応のスキルや経験が求められており、何かしらの専門資格を取得することで、客観的な能力の証明として利用できることも事実です。

現場監督に求められる
資格について詳しく見る

監修

sponsored by
ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社(HOP)では、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?

sponsored by
ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社