一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 大工の仕事 » 宮大工(みやだいく)とは

宮大工(みやだいく)とは

宮大工とは、一般的な建造物ではなく、神社や仏閣などの建造を手がける大工のことを言います。伝統的な技法を用いるため、一人前と呼ばれるようになるまでには非常に長い時間の修行が必要となります。一般的には宮大工と呼ばれますが、地域によっては「寺社大工」と呼ぶこともあるようです。 宮大工の歴史は古く、飛鳥時代(592〜710年)に僧侶が全国各地の神社仏閣の修繕などを行っていたことがその始まりと言われています。宮大工は現在でも、全国を飛び回って神社や仏閣を手がけることもあるのだとか。

宮大工の特徴

宮大工には「木材の切り出し・加工を自ら行う」という大きな特徴があります。昔から受け継がれてきた「木組み」と呼ばれる工法を用いるため、状況に合わせた木材が必要なためです。さらに、宮大工は木組みで作られている建造物の修復などを行うため、独自の知識が必要。宮大工が手がける建造物の特性から、図面についての知識も求められます。相当昔に書かれた画面を解析して解体や修繕を行ったり、時には図面そのものが存在していない建造物を手がけることもあります。そのため、建造物を見てどんな修繕を行うべきなのか、判断できるだけの知識と技術を兼ね備えていることが宮大工として必要なことと言えます。そのため、宮大工の仕事は非常に専門性が高く、中には「文化財保存技術者」として国から認められた技術を持つ人もいます。これは、人間国宝級の評価であると言われています。

宮大工の仕事は非常に多岐に渡る

宮大工が行う仕事は、非常に多岐に渡っています。 例えば、建築物そのものを半解体から全解体まで持っていき修繕を行う「根本修理」や、屋根の葺き替え・塗装修理などの「維持修繕」と呼ばれる修理を行うこともあります。また、壊れてしまった建造物を可能な限り元の状態に再現することも。歴史ある建物であることがほとんどですし、時には文化財に指定されている建造物を手がけることもあります。

貴重な歴史を受け継いでいく、大切な仕事

現在は新しい寺社・仏閣の建造は多くはないと考えられますが、歴史ある建造物を後世まで残していくためには宮大工という仕事は欠かせないものです。なかなか宮大工と直接関わることはないものの、身近にある神社や仏閣などは宮大工の技術によって守られているのです。

HOP社員に聞いた「大工の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?