一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 施工管理において最も大切な仕事・安全管理の内容とは?

施工管理において最も大切な仕事・安全管理の内容とは?

施工管理の安全管理とは

指示や確認作業がメインになる施工管理は、現場の作業員の安全も管理する必要があります。

建物や家の建築現場は高所、機材の落下などリスクが伴うもの。施工管理において、万が一の事態を起こさないため安全対策に力を入れる義務があります。

こちらのページは、4大管理の一つである安全管理についてまとめてみました。

安全管理は事故を防ぐこと

4大管理のうち安全管理とは、工事現場で作業をおこなう人たちに事故がないように、環境を整えることです。

消化設備の整備や危険な場所に手すりや足場を設置して安全性を向上させます。

加えて、日々の点検や作業をする人同士で声を掛け合うことも、安全管理のポイント。チェック項目は以下の通りです。

  1. KYK(危険予知活動)
  2. 5S運動(現場を整理整頓して綺麗にする運動)
  3. ヒヤリ・ハット運動(現場で起こった危ない事例を共有する)
  4. 安全大会(作業員の安全に対する意識を高める共有会)

環境的要因と人的要因による事故を防ぐために、このような取り組みを行っている現場もあります。

安全管理の大切さ

重大事故を未然に防ぐ

工事現場は足場が悪く、転落・倒壊・転倒・落下などのリスクと隣り合わせの作業です。万が一落下したら、軽傷ですまされないケースもあります。

そのため、安全管理は徹底して行わなければなりません。落下を防ぐため、高所の作業場に手すりを取り付けたり、足場には滑り止めのゴムをつけたりと、工事の種類によって行う安全管理はさまざま。

ただ、どの作業場でもヘルメットの装着は必須です。

予期せぬ事態に備えるため

工事の進捗具合は、天候に左右されることがあります。台風や気温の変化などの、自然現象によって、危険度が変わってくると認識しておきましょう。

強風の日には、資材や建材などの飛散対策をしたり、豪雨などの際には中止することも想定に入れておかないといけません。

また、真夏には作業員が熱中症になる可能性も考えられるため、休憩時間や水分補給の時間を多めにとることも想定しておくことが大切。

あらかじめ天候による作業内容の変更を想定しておけば、実際の場面でも慎重に対応できるでしょう。

作業員の安全意識を向上させるため

どんなに優秀な人でも、絶対にミスをしないという根拠はありません。

交通事故の原因の多くを占めているように、「大丈夫だろう、安全だろう」といった人間の心理的な油断から起こるミスもあるのです。

建築現場にかんしては、このような安易な考えが命取りになる可能性があります。

そのため、事前に共有会を行ったり、安全点検時間を設けたりと危険意識を持ってもらう取り組みも大切です。指示する側の施工管理者は作業員や職人の安全を管理するためにも、実施すべき項目といえるでしょう。

施工管理のプロにやりがいを聞いてみた

工事現場で作業をおこなう人の安全を確保するのは最優先すべき項目です。

他にも大切な管理業務があり、幅広い能力が求められる施工管理。覚えることは多々ありますがその分やりがいも多い仕事です。

こちらのページでは施工管理の仕事やりがいや内容についてまとめてみました。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?