一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 施工管理の6種類の資格とその仕事・役割とは?

施工管理の6種類の資格とその仕事・役割とは?

施工管理技士とは

施工管理技士とは、工事現場においてその工事が計画通りに、そして安全に進むように管理をするための資格となっています。

日本の建築業において特定業種の技術を持っているということを認定するもので、下記の通り細かく分類されています。

資格を取得するには、それぞれの試験を受けて合格しなければいけないため、自分はどの分野の施工管理技士の資格が必要なのか考える必要があります。 では、それぞれがどんな内容なのかを見ていきましょう。

土木施工管理技士とは

土木工事(主に河川や舗装、橋、港湾など)に関わる現場で施工管理を行うための資格となります。

この資格を持っていると、土木工事の現場で主任技術者や監理技術者になることができます。

土木施工管理技士の仕事内容

土木工事における施工計画を作成し、現場での作業工程の管理や安全・品質、コスト管理の仕事を行います。

他の施工管理と同じように、用地の確保や役所関係の手続き、書類の処理など幅広い範囲の仕事を任されます。

土木工事施工管理技士は、さまざまな現場に関わってきます。

など

これらの現場には、土木施工管理技士が主任技術者や監理技術者として従事しますので、活躍の場は非常に多いと言えるでしょう。

特に近年多く起こっている災害の復旧工事やオリンピックに関わる造成工事などで需要が高まっています。

建築施工管理技士とは

建築現場で全体を指揮するための資格のため、管理能力や応用力、コミュニケーション能力に長けている人に向いています。

建設現場で非常に責任重大な立場を務めることとなります。

建築施工管理技士の仕事

建設現場で多くの役割を持つことになりますが、依頼主や設計者との打ち合わせ、建設現場に出入りする職人の監督や指導が主な仕事となります。

中でも、建設工事がスケジュール通りに進めるための施工計画や工程管理、現場で事故を起こさずに工事を進めるための安全管理、設計図通りの建築物を作るための品質管理の4つを軸としています。

建設工事をスケジュール通りに進めるために、建築施工管理技士には工事現場全体を俯瞰して見て、管理を行うという視点が求められます。

管工事施工管理技士とは

管工事に関係している仕事を受け持つために必要な資格です。配管工事が計画通りに進むよう、施工計画の作成や工程・安全、品質の管理を行います。

管工事施工管理技士の仕事

具体的には、下記に挙げるような配管工事に関するエキスパートとして、活躍することになります。

配管そのものは、決して目立つものではないものの、不備があると非常に大きな問題となることが考えられます。

さらに、工事の規模が大きくなるにつれて配管工事も非常に複雑になりますので、管工事施工管理技士によるしっかりとした施工管理必要となります。

ですから、きっちりと施工計画やさまざまな下院理を行い、核技術者をまとめて行くことが求められます。

電気工事施工管理技士とは

工事現場において電気工事の施工計画、工程管理や安全管理を担うために必要な資格です。

電気工事のスペシャリストとも言える立場になりますが、電気工学に関する基礎知識や施工管理法・電気法規を習得することが必要となります。

電気工事施工管理技士の仕事内容

建設工事現場における下記の施工管理を行います。

など

現在の建築工事において、電気工事は欠かせないものなので、非常に活躍の場は多いと言えるでしょう。

さらに施工管理以外の仕事として、ビルやマンションなどの電気設備に関する点検の実施や換気設備等の管理なども行うことになります。

造園施工管理技士

公園・庭園、屋上の緑化や道路緑化工事など、スケジュール通りの施工を管理するための資格です。

1級を取得すると自治体が発注する増援工事や緑化工事を請け負うことができるため、造園業者から評価が高い資格です。

造園施工管理技士の仕事

造園の範囲に含まれるものは単純に公園や庭園の工事だけではなく、下記のようなものも含まれます。

一般的にイメージされる「植木屋さん」とは少し異なる点があります。

造園工事も大規模になるほど、施工管理の策定や工程の管理が重要になってくるため造園施工管理技士の仕事が重要になってきます。

建設機械施工技士

建設機械施工管理技士は、さまざまな建築機械に用いて工事を行う場合に施工管理を行うための資格です。工事現場で使うさまざまな建設機械の運転技術および施工技術を体得していることを証明できます。施工管理技士の中では最も古くからある資格です。

建設機械施工管理技士の仕事内容

建築現場ではさまざまな建設機械が使われていますが、各種建設機械を使った工事の施工管理を行います。建築現場で使われる機械には下記のようなものがあります。

など

建設機械を使う作業員たちをまとめ、工事そのものを円滑に進めるための現場監督のような役割を担うことになります。

また、建設機械施工技士資格を取得すると、「特定自主検査員資格」が付与されますので、会社が保有する建設機械検査することも可能です。

それぞれの資格と業務内容を理解しよう

6種類の施工管理技士について説明してきました。それぞれの業務に関するプロフェッショナルとして認められる資格となりますし、業務の幅が広がることにも繋がりますので、どの資格が自分に必要なのかを見極めて受験をするようにしてくださいね。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?