一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » 1級建築施工管理技士

1級建築施工管理技士

1級建築施工管理技士とは、建築現場におけるマネジメント業務を行える施工管理の上級資格です。全くご存知のない方は、1級建築士と混同してしまいますが、1級建築士が設計監理のエキスパートであるのに対して、1級建築施工管理技士は、施工管理のエキスパートになります。

活躍の場は幅広く、施工計画・安全管理・品質管理・工程管理と予定工期内に建設を終了させるために、より高度なマネジメント能力が問われ、まさに建設現場施工管理のプロフェッショナルといえます。

2019年度の1級建築施工管理技士の学科試験合格率は、全国42.7%となっています。

1級建築施工管理技士ができること

1級建築施工管理技士になると、建設現場における施工計画・工程管理・品質管理・安全管理を担う役割があります。

1級建築施工管理技士は、建設会社にとってはなくてはならない存在です。

特に500万円以上の建設工事を請け負うためには建設業免許が必要で、この免許を取得するためには営業所ごとに専任技術者や建設現場には主任技術者、監理技術者の有資格者を配置しなければいけません。

つまり、1級建築施工管理技士を取得すれば監理技術者として建設会社内で重要なポジションにつけるのです。

1級建築施工管理技士になるためには?

受験資格について

受験資格は以下の通りです。指定学科の詳細につきましては、一般財団法人 建設業振興基金 「施工管理技術検定」公式HP(http://www.fcip-shiken.jp/index.html)をご参照ください。

1級建築施工管理技士の受験資格

(1)大学、短期大学、高等・専修学校

専門課程を修了した者で、指定学科を卒業後3〜10年以上経過したもの。指定学科以外の場合には、4年6ヶ月〜11年6ヶ月以上経過した者。

(2)2級建築士試験合格者、2級建築施工管理技術検定合格者

上記に該当する者は、合格後5年以上が経過した者。

(3)2級建築施工管理技術検定合格後、実務経験が5年未満で指定学歴の者

2級建築施工管理技術検定合格後、実務経験が5年未満で、短期大学、5年制高等専用学校、専門学校の「専門士」、高等学校や専門学校の専門課程、その他において卒業後5年〜14年以上経過した者。

試験の流れ

1級建築施工管理技士の試験には「学科試験」と「実地試験」の2種類が用意されています。

それでは試験内容について詳しくみていきましょう。

学科試験の内容

学科試験は、午前の部2時間30分、午後の部2時間の計4時間30分行われます。

試験内容は、「建築学等」・「施工管理法」・「法規」の3つがあります。

全て択一式のマークシート方式となっており、1級建築士の方は学科試験を免除されるため、実施試験からの受験です。

引用元:平成31年度 1級建築施工管理技術検定(http://www.fcip-shiken.jp/pdf/1K_tebiki.pdf)

実地試験の内容

実施試験は、計3時間行われます。学科試験との大きな違いは、択一式ではなく実務経験を活かした応用力を判断するため、全て記述式での試験となります。

学科試験では、マークシート方式であったため選択肢を選べばよかったものの、実地試験は完全記述で文章や数値などを正確に記載する必要があります。

試験内容、試験基準は以下の通りです。

実施試験内容

(1)建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度、外観等を得るために必要な措置を適切に行うことができる高度の応用能力を有すること。

(2)設計図書に基づいて、工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる高度の応用能力を有すること。

引用元:平成31年度 1級建築施工管理技術検定(http://www.fcip-shiken.jp/pdf/1K_tebiki.pdf)

申し込み方法

1級建築施工管理技士の試験申し込み方法は、学科試験と実施試験で申し込み方法が異なります。

(願書については、インターネットや郵送、窓口で購入できます。)

学科試験の申込方法

学科試験には、インターネットと書面による申し込みの2通りがあります。

ただし、初めて受験をされる方の場合は受験資格の審査があるため、書面申し込みのみとなり注意が必要です。

再受験される方の場合は、インターネットおよび書面のどちらでも申し込み可能。

実地試験の申込方法

実地試験の申し込み方法は、インターネットによる申し込みと専用願書による申し込みの2通りがあります。

また、繰り返しになりますが1級建築士の資格保有者は、学科試験が免除されます。1級建築士資格の保有者が、実施試験を申し込む場合には書面での申し込みとなりますのでご注意ください。

1級建築施工管理技士の難易度

1級建築施工管理技士の難易度ですが、令和元年度の学科試験における合格率は、42.7%となっております。

学科試験、実施試験ともに30〜40%が合格率として知られています。

令和元年度の1級建築士の学科試験合格率が、22.8%であることから、1級建築士と比較すると合格しやすい資格といえるでしょう。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?