一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築って大変?悩みや不安に答えます » 施工管理のお仕事って大変なのでしょうか?

施工管理のお仕事って大変なのでしょうか?

施工管理

施工管理の仕事は、業務内容が実に多岐にわたることから大変だというイメージがあります。

例えば、スケジュール通りに工事を進める「工程管理」一つをみても、天候や想定外のトラブルなどで進捗が滞った場合には、予算内で職人を増やしたりスケジュールを変更したりといった対応をしなければなりません。

このほかにも、発注者との打ち合わせに始まり、技術者や職人への指導、人件費や原価計算などの管理、建物のクオリティを保持するための品質管理、さらには現場で作業する職人の安全管理なども、施工管理の仕事内容です。

現場で1日の作業が終わった後も、事務所へ戻って進捗報告などデスワークが待っています。繁忙期になると、遅い時間まで残って仕事をこなしたり休日出勤をしたりすることも。

最近の建築業界は、どこの現場も人手不足に悩んでいます。資材の高騰も悩みの種。限られたリソースを効率的にマネジメントし、また現場で働く人たちの人命を預かるという重い責任を負うこともあって、建築業界でもハードな仕事の一つといえるでしょう。

それでも建築業界はやりがいだらけ

一方で、やりがいを強く感じるのも施工管理の魅力です。とりわけ竣工したときは、ひとしお。図面上で描かれたものが建物というカタチとなり何十年と残るわけですから、充実した達成感を味わえるでしょう

もちろん、その喜びはお客様にとっても同じこと。一生に一度あるかという夢のマーホームが完成し、笑顔で「ありがとう」と感謝されたときには「この仕事をやってよかった」と感慨に浸れるでしょう。

それに、施主様の個性を体現した注文住宅は二つとない住まいです。いくつもの住まいの施工管理を経験することで、自身のキャリアップにもつながります。

現場で働く職人たちとのコミュニケーションも施工管理の重要な業務です。大工をはじめ内装工事、電気工事、外溝など多くの職人と仕事を通じて交流を深めることで、後々、自分自身にとっても大きな財産となっていきます。

施工管理は、確かに大変な仕事。ときには、何かに行き詰まったりスランプに陥ったりすることがあるかもしれません。

それでも、完成したときの達成感やお客様からの感謝の言葉がモチベーションを向上させ、それを糧に自身のキャリアップにつなげられ人脈も広がるなど、自分への還元が大きい仕事―それも施工管理の魅力だといえます。

HOP社員のお仕事別に建築のやりがいをご紹介します

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?