一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 施工管理の仕事「原価管理」とは?

施工管理の仕事「原価管理」とは?

指示や確認作業がメインになる施工管理において、原価管理も大切な業務の一つです。建物や家を建てるには、機材や人件費などの細かい金額や重機のレンタル料など、多額のコストが発生します。帳簿をつけることで仕入れや収入を明確にする原価計算が可能に。こちらでは、4大管理の1つである原価管理の内容やメリットについてまとめてみました。

原価管理は適正な利益を生むこと

製造や建築にかけられる予算は決まっているため、工事を進めるにあたり、適切な経理とコストカットが必要です。

これらの金額や原価の計算に役立つのが原価管理。人件費や材料費などの原価を計算して、工程通り工事をすすめるために管理します。

収入と支出を帳簿上で管理して、適切な利益を生むために必要な計算です。利益金額が想定金額に満たない場合は、分析・検討・工程の改善につなげて利益を確保しなくてはいけません。

このような分析ツールとしても、原価管理は必要なのです。

原価管理のメリット

現場に説明する際の指標になる

施工管理業務は、現場に指示する司令塔の役割があります。現場の職人や作業員に理解してもらえるように説明するには、的確な指示だけでなく、明確な数的根拠が必要です。

「この工程が他の業務を圧迫して、全体的なコストを上げている」と数字をもとに説明すると、管理業務に携わっていない現場の職人や作業員も納得しやすくなります。

たんなるコストダウンではなく、指示するための指標としても活用できるため、原価管理は重要な項目の一つ。作業を円滑に進めるために欠かせません。

経営方針を決める判断材料になる

原価管理によって算出された数字を分析することで、製品や商品、建物の工事費用などの損益分岐点を出せます。「この製品や工事であれば、どの程度の利益を算出しないと黒字になるのか?」などの計算も可能。

算出した数値をもとに、経営の方針を決めることもあるため、原価管理は大切な業務の一つなのです。

製造業で用いられる場合は、品物別、工程別にデータを分析できます。海外や遠方への送料などの細かい金額も計算できるため、経理には欠かせないといえるでしょう。

シミュレーションもできる

原価管理は、複数の選択肢を想定したシミュレーションもできます。原価の変動があった場合には、自社への影響をシミュレーション可能。景気や為替の変動が激しい昨今において、今後の見通しのためにシミュレーションは欠かせません。

原価管理は、不測の事態への数字上から対応策を講じてくれるシステムといえるでしょう。

施工管理においては、工程通り建築しても原価費による赤字が発生してしまえば利益はありません。そのために、原価管理におけるシミュレーションは黒字を増やすための必須ツールといえます。

施工管理のプロにやりがいを聞いてみた

原価管理は、仮設備計画や施工計画に基づいて算出した価格と、工事費の進捗に伴う現状の原価を把握して管理すること。

本来の管理業務に加えて、原価計算も必要になってくる施工管理は大変なぶん、やりがいがある仕事ともいえます。こちらのページでは、施工管理のプロが仕事のやりがいや仕事内容についてまとめてみました。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?