一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築って大変?悩みや不安に答えます » 建築業界へ入るのに数学の知識は必要ですか?

建築業界へ入るのに数学の知識は必要ですか?

数学

建築の仕事には、設計や構造計算などがあるから「数学ができる必要があるのでは?」と考えている方も多いかもしれません。

確かに、構造設計の仕事だと計算をする業務が多々あります。ピタゴラスの定理、角度や重心の計算など高校や大学で学ぶような数学の知識も用いますが、実際にはそれほど多く使いません。どちらかといえば四則演算、つまり「算数」のほうが圧倒的に使います

もちろん、数学が得意に越したことはありません。建築学系の大学や専門学校で学ばれている学生の方なら、入試の際に数学があったと思います。それをパスして入学されている方であれば、問題ないでしょう。

また、建築の仕事には意匠(デザイン)や設備関係の仕事などもありますが、使用するのは面積や体積を求める計算くらい。小学校で学ぶ算数の知識でも十分です。

数学も大事だけど構造力学を理解すべき

建築の現場でよく用いるのが「物理」。特に、力の釣り合いや力と変形の関係といった構造力学に関する知識は、建築関係を目指す方なら学んでおきたい学問です。構造設計に携わる方はもちろん、建築施工管理技士を目指しているのであれば試験にも出ますので、必須といっても過言ではありません。

意匠や職人の方も、現場で構造力学を用いることが多々あります。大学や専門学校などで基礎を学んでいる方もいますが、建設会社に就職してから独学で勉強したり先輩から教えてもらったりして知識を得ている方も多いです。

構造力学とは?

トンネルや建物など、製造された構造物に荷重が作用したときに、いかに抵抗するかを解析する学問のこと。構造物の安全度をはかるもので、安全な建築の実現には欠かせません。

数学が苦手でも建築をあきらめる必要はナシ!

「数学が苦手だから、建築関係は無理」と、あきらめないでください。建築に必要な知識は現場でも学べますし、何よりも必要なのは“やる気”と“センス”です。HOPでもそのスキルを持った方も求めています。ぜひチャレンジしてください!

HOP社員のお仕事別に建築のやりがいをご紹介します

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?