一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » 浄化槽設備士になるには

浄化槽設備士になるには

建築業界で重宝される資格の一つ「浄化槽設備士」について、仕事内容や資格の取り方、難易度などを紹介していきます。

浄化槽設備士ができること

浄化槽設備士とは、浄化槽法に基づいて浄化槽の工事を行うための、高度な知識や技能を認める国家資格のことを言います。浄化槽施工管理会社などで多く求人が出されている仕事であり、資格手当がつくこともあります。

浄化槽は家庭から出る汚水を綺麗な水に換え、公共の水域へ流す装置のこと。浄化槽設置工事の現場監督として立ち会うための権限を持った国家資格者であり、営業所の必置資格であるため活躍の場も少なくありません。

浄化槽の工事に必要な施工図を作成し、施工内容の管理や監督をすることが仕事です。実際に工事をする職人を管理するほか、施工記録を作成するなどの対応が求められます。

また、工事を担当する下請け業者との調整や支払と言った内容も、現場監督者である浄化槽設備士の仕事として数えられることがあります。施工方法だけではなく、適切なコスト管理などを考える必要もあるのです。

浄化槽設備士になるには?

浄化槽設備士になるには、年に一度開催される「浄化槽設備士資格試験」を受験し、合格することが必要です。

受験資格

受験資格として、実務経験が1年から8年以上が必要です。大学を指定学科で卒業した人であれば実務経験年数も短いですが、学歴で要件を満たしていない人は8年以上の実務経験が必要とされます。

1級・2級の管工事施工管理技士の資格を持っている人であれば、講習を受講することによって浄化槽設備士の資格を得ることもできます。

試験の流れ

試験は学科試験と実地試験の2種類に分かれており、2つの試験を合格すれば資格取得となります。

学科試験はマークシート方式であり、機械工学・衛生工学等・汚水処理法等・施工管理法・法規から出題されます。

実地試験も記述であり、文章での回答が求められます。施工管理法について問われ、自身の経験などを交えて応えるのがベターとされています。

浄化槽設備士の難易度

浄化槽設備士資格の難易度はそこまで高くはありませんが、簡単で誰でも受かるというわけでもないようです。

出題される問題は基本的に循環する傾向にあるため、過去問題を解いて対策を整えておくことが効果的です。実地試験の解答は、有資格者や試験対策を行っているセンターなどで、自分の回答を添削してもらうことが得策です。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?