一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 施工管理の仕事「安全管理」の仕事内容を知ろう

施工管理の仕事「安全管理」の仕事内容を知ろう

施工管理の仕事とは

施工管理の仕事を一言で言うと「管理業務」。工事全体がスケジュール通りに進むように全体を監督します。

上記のように多岐に渡るのが施工管理の仕事。ある時は現場に出向き、ある時は事務所でのデスクワーク、となることもあります。

さまざまな管理を行う必要があるため、プロジェクト全体を俯瞰し、現場のスタッフをまとめる「統率力」が必要となりますが、非常に責任あるやりがいのある仕事と言えるでしょう。

施工管理の仕事の中でも、原価管理・工程管理・品質管理・安全管理の4つは施工管理における「4大管理」と呼ばれており、重要なものとされています。

安全管理について

では、施工管理の4大管理の中のひとつである「安全管理」について見ていきましょう。

大型の建設機械や高所作業が必要な建設現場には、常に危険が潜んでいると言っても過言ではありません。

事故を起こさず、工期通りに建設を完了させるには、施工管理による安全管理がしっかりと行われる必要があります。

安全に竣工を終えるために、施工管理としてどんなことを行うべか考えてみましょう。

不安全な環境(設備)を排除する

まずは、対象の現場において環境や設備などにより起こる可能性がある危険を排除することが大切です。この場合に大切なのは「起こる可能性がある事故を想定する」こと。

現場の状況により、起こりえる危険は変化します。想定すべき状況としては、「季節や気候」、「建設する対象」。

この状況が変化することにより、起こりえる危険は変化します。さらに、同一の建設現場でも、更地での作業を行っている段階と高層階の作業を行っている段階といったように、工事がどのステップかによっても変化してきます。

このように設備や環境によって変化する「起こりえる危険」については、下記のような対策を行い、危険を排除する必要があります。

大切なのは「小さな危険も大きく目立たせる」ということ。現場で起こりえる危険に敏感となり、安全な環境作りを行うことが施工管理に求められます。

不安全な行動(人)を排除する

「大丈夫だろう」「安全だろう」という認識は事故を引き起こす可能性があります。そのためにできる対策としては下記のようなものが挙げられます。

危険予知活動(KYK)、危険予知トレーニング(KYT)の実施

毎日の朝礼やミーティングの時などに行うもので、その日の作業の中で起こりうる危険を想定し、その事故が発生しないようにするにはどこに気をつけながら作業をすれば良いのかを考える作業になります。

起こる可能性のある危険を明確にするのは、建設現場の安全を守る上では非常に意義のあるものであると言えるでしょう。

この活動は、実際に現場作業を行う職人さんが主体となって行うことに意義があり、現場に即した安全教育であるとも言えます。

ヒヤリ・ハットに耳を傾け、共有する

「ヒヤリ・ハット」は事故に至らなかった危険のこと。たまたま事故には繋がらなかったものの、タイミングが悪ければ事故になっていた、というケースも少なくありません。「危険予測」のヒントはここにもあります。

ミーティングなどで作業員が経験したヒヤリ・ハットを出し合っても良いですが、なかなか出てこない場合もあるでしょう。

そのような時は日々の雑談に耳を傾けると、意外と危険予測のヒントが隠れている場合があります。このヒヤリ・ハットを共有することが、起こる可能性のある危険を防ぐことにも繋がります。

5S運動の実施

多くの建設現場で行われている活動で、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の5つを合わせて「5S」と呼んでいます。

不要なものを排除し、美しく整えておくことが現場の安全を守るとともに、生産性や品質管理にも良い影響をもたらします。

施工現場に初めて入る作業員への教育

施工現場には、その現場それぞれの施設や設備・禁止事項がありますので、初めて対象の現場に入る人については教育をしっかりと行い、その現場について理解してもらうことが非常に重要です。

安全管理上大切なのは、現場に関わる全ての人が安全に対する意識を持ち、忘れないこと。施工管理は安全に対する意識を忘れないよう、繰り返し伝えていくことが必要です。

季節や天候特有の安全管理について

現場に潜む危険のみならず、施工管理は季節や気候に応じた安全管理を行う必要もあります。例えば、下記のような状況に応じた対策を考えます。

ここのところ問題になっている「熱中症」が最大の問題となってきます。熱中症を防ぐためには水分補給を促すこと、定期的に休憩を取ること、そして体調の不良を抱えている作業員に対しての気配りが必要になります。

台風が多い季節・荒天時

台風が到来する季節は「風」に対する対策が必要になります。建設現場にある資材や建材が飛んでしまって事故を起こさないように飛散対策を行う必要があるでしょう。

また、悪天候の際には、その日の工事を中止する必要が出てくる可能性がありますから、その日の作業をストップするという判断を行うと言う役割もあります。

安全管理は、事故なく竣工を終えるために重要

安全管理をしっかりと行わないと労災事故が起こる可能性があり、本人はもちろんその家族や現場など、辛い思いをする人がたくさんいます。

全員が安全に竣工を終えるために、安全管理は施工管理としてとても大切な仕事と言えるでしょう。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?