一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築って大変?悩みや不安に答えます » 建築業界の今後が知りたいです

建築業界の今後が知りたいです

将来

近年、業界を問わず人材不足を課題として挙げる企業が増えています。建築業界も同様で、多くの企業が人材確保に悩んでいる状況。

なぜ人手が足りないのでしょうか。その理由は大きく2つ挙げられます。

一つは、建築業界で働く人たちが減っていること。総務省の労働力調査によると、全国の建設業就業者数は2007年に554万人だったのに対し、2017年には498万人と1割以上も減少しています。とりわけ20代、30代の若年層では「建築業界はきつい」「つらい」といったネガティブなイメージがあるためか、建設業離れが進んでいるようです。

その一方で、東日本大震災の復興事業や東京オリンピックなどによる需要が増えていることが、2つ目の理由です。大手ゼネコンのなかには、1980年代のバブル期を超える過去最高益を記録する企業もあるほどで、建築業界は好景気を迎えています。

しかしながら、人手不足が震災復興事業の進捗が予定より遅れている一因にもなっており、2020年には約15万人の労働者が不足するという見方も出ています。

今後の需要は?建築業界の未来

震災復興事業や東京オリンピックなどの建設ラッシュの影響で、短期的にみれば建築業界の景気は良い状況でしょう。

では、2020年の東京オリンピック後は需要がなくなるのではないか?と不安視される方もいるようですが、建築業界の仕事はそう簡単には減りません。

例えば、2027年には東京・品川から名古屋までリニアモーターカーが開業する予定です。駅の近くには新興住宅ができることも想定されます。

また、建て替えの需要も期待されています。特に、1970年から80年代に人口が急増した都市圏では築40年前後の家が多く、そろそろ建て替えの時期を迎えます。

2020年以降は建設ラッシュも納まり、一時的には需要が減るかもしれません。しかし、それよりも建築業界で働く人たちの減少率のほうが遥かに大きく、深刻な問題だと考えられています。

建築業界へ就職するなら今!

こうした実情から、多くの建設会社では常に人材を求めている状況です。逆に就業希望者からすれば、建築業界に入りやすいということ。

多くの建設会社では、業界全体にある負のイメージを払拭するため、労働環境の改善や取り組みを継続的に実施し、働きやすい職場づくりに注力しています。

こうした取り組みが評価され、将来的に就業希望者が多くなれば、就職や転職がしにくい人気の業界になるかもしれません。

建築業界で働きたいという方にとって、業界へ就職するなら「今がチャンス」といえるでしょう。

HOP社員のお仕事別に建築のやりがいをご紹介します

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?