一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 施工管理の仕事のやりがい・魅力とは?

施工管理の仕事のやりがい・魅力とは?

施工管理の役割とは

建築現場における「施工管理」とは、建築工事が予定していたスケジュール通りに、安全に、そして発注者の求める品質を満たす建築物が完成するようにさまざまな面を管理していく仕事です。

施工計画の策定から、工事の進捗や品質、安全などの管理、発注者や周りの住人との交渉など、求められる役割は非常に多岐に渡ります。

工事を実際に行うわけではありませんが、工事を進めるにあたり大切な役割を果たすポジションであると言えます。

施工管理はこんな「やりがい」を感じられる!

建設現場における重要な役割と言える施工管理の仕事は、大きな責任がある反面、非常にやりがいを感じられる仕事でもあります。

そこで、施工管理はどんなやりがいを感じられるのかをご紹介します。

大きな建築物ができた時の「喜び」を感じられる

自分が施工管理として関わっていた建設工事において、建造物が完成した時の喜びは大きいものです。

施工管理の仕事をしていると、小さな建造物から大きな建造物まで、さまざまな規模の現場に関わることになります。

特に大規模な建築物になると、工事のスタートから完成までに数年単位が必要になることは珍しくありません。

非常に長い時間を費やして建築工事を進めていくことになりますが、その分対象の建造物が完成した時の喜びは何にも変えがたいものとなります。

人の役に立っている、と実感できる

自分が関わった建物が多くの人に利用されていることを目の当たりにした時、社会の役に立っている、社会の経済活動を支えているという実感がもてるという実感を得られるのも、施工管理の良い面です。

自分は人々の暮らしに貢献しているんだ、という実感を持つことができた時、施工管理としてのやりがいを感じることができます。

形として残る「ものづくり」に関わることができる

施工管理としての喜びは「形として残るものを作り上げられる」ということも挙げられます。

形として残るものを作ることができる仕事というのは、あるようでなかなかないものです。

しかし施工管理は建設現場に深く関わり、何もないところから後世まで残るものを作ることができます。

このような「ものづくり」の現場に携わることができるということは、非常に大きなやりがいにつながります。

自分が関わった建物が、有名になってメディアで紹介されることもある

全ての現場というわけではありませんが、施工管理として関わった建物がテレビや雑誌で紹介され、注目を浴びる可能性もないわけではありません。

そんな時、「自分が関わった建物だ」となると、周りに自慢することもできます。

公共性の高い仕事に関わることができる

施工管理としてさまざまな建築現場に携わる中で、時には駅や病院など公共性の高い建物に関わることもあるでしょう。

このような建物の建築に携わることは、建設業界にいなければなかなかできることではありません。

しかも、自分の手でたくさんの人が利用する施設の施工計画を立て、工期内に完成するように日々管理を行うわけですから、非常に貴重な経験ができる、と言えるのではないでしょうか。

華やかなスポットを浴びることはあまりありませんが、建築工事がなければ社会のさまざまな営みが成り立たないとも言えますので、社会の中で「縁の下の力持ち」としての役割を果たしていると言えます。

さまざまな人とのコミュニケーション

施工管理は、現場の作業員や建設工事に関わる人とのコミュニケーションを取ることを求められる仕事です。

中には気難しい職人など、うまくコミュニケーションをとることが難しい人もいるかもしれません。

しかし、そんな中でもうまくコミュニケーションをとり、全員の力を合わせて建築物を完成させる、というゴールに向かっていくことにやりがいを感じられるはずです。

さらに、ある現場で人間関係を構築できると、それが別の現場で役に立つということもあります。

施工管理として、やりがいを感じるために必要なこと

施工管理としてやりがいを感じるには、その建築現場に熱意を持って取り組むことが大切。

毎日が仕事をこなすだけになってしまうと、仕事にやりがいは感じられませんし、何より工期の遅れにつながったり、工事現場に潜む危険が表面化してくるということにもなりかねません。

ですから、施工管理の仕事に真摯に向き合うということが、結果としてやりがいにつながるのだということができるでしょう。

施工管理は、多くのやりがいを得られる仕事です

建築現場における施工管理のやりがいについて説明してきました。

最初に紹介した通り、施工管理は建設現場において非常に重要な役割を果たしているため、非常に責任が大きい仕事であると言えます。

しかし、その責任が大きい分、工事が完了した時に感じるやりがいも大きくなります。このことから、施工管理は非常に魅力的な仕事であると言えるでしょう。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?