一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 雨の日だからこそ施工管理がやる仕事とは?

雨の日だからこそ施工管理がやる仕事とは?

施工管理は雨の日もデスクワークが主な業務

施工管理とは、施工の計画から現場の管理までを取り仕切る、非常に幅の広い仕事。

外で行っている建設工事の場合、雨の日は作業ができません。

ですから、作業員はお休みになるのが一般的ですが、施工管理の業務は雨でもお休みにはなりません。

施工管理はデスクワークが多く、現場以外でも行うべき業務がさまざまあるためです。

施工管理が雨の日に手がける仕事

雨の日に手がけられる仕事は、例えば下記に挙げるようなものがあります。

本来であれば日々行う業務であるものの、手が回り切らずに後回しになってしまっている作業を行うこともできます。

では、次からは雨の日に行える施工管理の仕事を見ていきましょう。

雨の日にできる施工管理の仕事:進捗状況を確認し、必要な手配を行う

施工管理の業務の中で大切な「管理業務」に関わるものを説明していきます。

施工計画の見直し

施工計画は、日頃から進捗状況と照らし合わせながら随時見直しが必要です。

しかし雨が降った場合は特に、当然その日の作業はできませんから、スケジュールの見直しを行うことが必要になります。

予算の見直し

建設工事においては必ず予算が決まっており、利益を出すには原価管理が大切。

決められた予算通りに工事が進んでいるかどうかのチェックも施工管理の業務の一つです。

材料費や人件費などを確認して、今はどれくらいの費用がかかっているのか、必要であれば予算の組み直しが必要な場合も。

雨が降って作業がストップしている間に、じっくりと予算の見直しをするということもできます。

資材やリース品の発注・管理

現場の進捗に合わせて必要な資材やリース品を発注・管理することも現場監督の仕事。

必要なものを必要なタイミングで揃えておかないと工事が進まなくなってしまうため、雨で作業がストップしている時など、チェックできるタイミングで過不足がないかきっちり確認しておくことも大切です。

図面の作成や確認

建設現場における「図面」は、意匠図や構造図、設備図など非常に多岐に渡ります。

このような図面は、一度作成したら終わりではなく、随時チェックしていくことが必要。

現場の状況と照らし合わせながら随時整合性が取れているかどうか確認を行い、必要があれば修正が大切です。

作業がストップしているタイミングであれば、じっくりと図面の確認も行えます。

各関係者との打ち合わせ

施工管理の大切な仕事の一つに、発注者や施工業者といった関係者との打ち合わせがあります。

もちろん、先方の都合が良ければという前提はありますが、雨で作業が進まないタイミングで打ち合わせを済ませてしまうこともできるでしょう。

ある程度まとまった時間が取れる雨の日であれば、設計者とともに図面通り施工が進んでいるかどうかじっくりチエックするのも可能です。

上記で説明した仕事の他にも、書類関係の作成や処理を行うこともあります。

書類の作成

建設工事に係る書類は非常に多くの種類があります。大きく分けて下記の3種類となります。

施工記録に関するものだけでも、工事材料搬入報告書や工事材料検査記録、工事打ち合わせ書、工事進捗月報などがあります。

このような書類は常日頃から作成できればベストですが、どうしても後回しにしがちという傾向があります。

後回しにしてしまった書類を作成するのに、雨の日はうってつけのタイミングと言えます。

書類の整理

書類作成だけではなく、書類も整理しておかないと必要なときに見つからないということが発生します。

例えば、さまざまな建築資材や雑材、リース品を発注すると当然請求書が発生しますよね。

実際に発注した内容と納品された内容が合っているかという確認は非常に大切な作業ですが、なかなか普段の仕事の中では落ち着いてできる作業ではないのが悩みどころ。

雨の日、現場に行けないタイミングではこのような書類の整理をまとめて行なってしまいましょう。

建設現場の写真を整理する

施工管理の仕事の中には、「工事写真業務」というものがあります。

建設工事の進捗や状況を確認するために、現場で写真を撮るのも大切な仕事ですが、この写真を整理・管理するのがひと苦労ということもあります。

通常は1日の終わりに会社に戻り、パソコンに取り込んで整理する…という作業になりますが、会社に戻れない、ほかのデスクワークに手を取られたなどで、その日のうちに写真整理まで手が回らないこともあります。

このように、未整理で溜まってしまっている写真の整理も、雨の日にまとめて行うこともあります。

天気予報をチェックして、効率的に業務を行おう

たとえ雨が降っていても、施工管理が行うことはたくさんありますので、業務を計画して効率的に行うことが大切です。

また、実際に施工管理の業務を担当している人の中には、「雨予報が出ている時には早めに起きて天気をチェックする」という人もいるようです。天気を予測しながら、効率的に業務を行えるようになりましょう。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?