一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » 建設機械施工管理技士

建設機械施工管理技士

建設機械施工管理技士とは、施工管理技士国家資格のうちの一つである資格のことです。資格取得までの道のりや、具体的にできる仕事内容などを解説していきます。

建設機械施工管理技士ができること

建設機械施工管理技士とは、土木工事や舗装工事、とび・土工工事、許可業者・施工技術者のための建設大臣資格です。建設工事の機械化施工に従事している技術者の、技術の向上を図ることを目的として始まった国家試験です。

施工管理技士の区分は1級・2級に分けられており、1級の取得者は各種建設機械を用いた施工の、指導・監督的業務に携わることができます。2級は第1種から第6種までに分類され、それぞれの機械を用いた施工における、運転・施工の業務に携わり、各機種の運転技術者や現場の主任技術者として施工管理を行うことができます。

ただ建設機械運転技術者としての操作技能を対象とするものではなく、車両系・建設機械の運転免許証とは違う国家資格であるという特徴があります。工事現場に配置すべき技術者として活躍できる他、技術者の千人が必要な工事に携わることができるなど、有資格者の需要も集まっています。

1級の資格の保有者には、社会保険労務士の受験資格も与えられます。

建設機械施工管理技士になるには?

建設機械施工管理技士の資格を取得するためには、とにかく綿密にスケジュールを立て、計画的に勉強をすることが大切です。できれば講習や通信講座なども活用して、専門家から分かりやすい解説を受け、丁寧に知識を身につけていきましょう。

また、1級建設機械施工管理技士の試験は「第一次検定」と「第二次検定」に分けられており、それぞれで合格することが条件となっています。

受験資格

1級建設機械施工管理技術検定の第一次検定には、以下のような受験資格が求められます。

専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある人などは、受験資格として求められる実務経験年数が短縮されます。

また、第二次検定を受験する場合は、第一次検定の合格者であることが受験資格となります。

試験の流れ

第一次検定では3時間のマークシート方式の筆記試験が行われ、第二次検定では記述式の筆記試験が2時間と実技試験が行われます。実技試験では所定のコース内で、6種別のうち2種別の操作施工を行うことが試験内容となっています。

建設機械施工管理技士の難易度

毎年約2,000~3,000人の受験者が集う1級建設機械施工管理技術検定の平均合格率は、第一次検定で約26.69%となっています。

第二次検定では毎年約500~1,500人が受験しており、平均合格率は約72.24%とされています。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?