一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » クレーン運転士

クレーン運転士

クレーン運転士とは、工事現場や建設現場等で荷物を釣り上げて運搬する仕事で必要な資格になります。建設現場などで、さまざまなタイプのクレーンを使用し大きな資材を運搬している人を見かけたことがある人も多いはず。

ここでは、クレーン運転士の具体的な仕事内容やクレーン運転士になるための方法、資格についてもお届けして参ります。

クレーン運転士と言っても、その運転免許にはいくつかの種類がありますので、ぜひ参考にしてください。

クレーン運転士ができること

クレーンを運転し作業をする人を「クレーンオペレーター」または「クレーン運転士」と呼びます。

主な仕事内容は、皆さんがご想像の通りクレーンを動かし資材や荷物を運搬するのが業務内容です。仕事内容が想像しやすいクレーン運転士ですが、実際には運ぶ資材の種類や素材によって運搬方法も異なるため、クレーンの操作には細心の注意や経験が必要。

クレーン運転士が操作するクレーンについても、工事現場でよく見かける「移動式クレーン」だけでなく、工場や作業現場の天井から設置されている「天井クレーン」などがあります。

クレーンもさまざまな種類があり、大きさも現場によって異なりますから、単に免許を持っているから仕事ができるというものでもなく、専門的な経験値やスキルが必要。

クレーン運転士になるためには?

クレーン運転士と言っても、冒頭で触れた通り「移動式クレーン」にて作業を行うのか「天井クレーン」で作業を行うのかで取得する免許も異なります。

クレーン運転士になるための免許には、大きく分けて「クレー・デリック運転士免許」と「移動式クレーン運転士免許」の2種類が存在します。

この他にも、つり上げ荷重5トン未満の移動式クレーンを操作できる「小型移動式クレーン運転技能講習」なども。

ここでは、クレーン運転士になるための代表的な資格として人気のある「クレー・デリック運転士免許」と「移動式クレーン運転士免許」の概要と受験資格についてみていきましょう。

クレー・デリック運転士免許受験資格について

クレー・デリック運転士免許とは、つり上げ荷重が5トン以上の天井クレーン、橋形クレーン、ジブクレーン、ガイデリック、スチフレッグデリック、ジンポール等のクレーンやデリックを運転するために必要な国家資格です。

勤務する予定の職場によってどの免許を取得すれば良いかは異なるため、確認が必要になります。

受験資格は、免許ですので希望する方ならどなたでも受験可能です。

特に必要な受験資格はありませんが、本人確認証明書の添付が必要になります。

試験の流れ

クレー・デリック運転士免許の試験ですが、学科試験が「クレーン及びデリックに関する知識」が全10問(30点)、「関係法令」が全10問(20点)、「原動機及び電気に関する知識」が全10問(30点)、「クレーンの運転のために必要な力学に関する知識」が全10問(20点)、合計40問出題されます。

実技に関しては、「クレーンの運転」「クレーンの運転のための合図」が行われます。

筆記試験の合格点は、総得点が60%以上の得点率で、尚且つ各科目が40%以上の得点率を取得する必要があります。

実技試験の合格点は、減点の合計が40点以下になります。

なお、クレー・デリック運転士免許の試験場所は、全国7ブロックの「安全衛生技術センター」で行われます。

移動式クレーン運転士免許受験資格について

移動式クレーン運転士免許とは、つり上げ荷重5トン以上の移動式クレーン、つり上荷重5トン未満の移動式クレーンを運転する場合に必要な免許になります。

トラッククレーンやラフテレーンクレーン、クローラークレーン、オールテレーンクレーン等を運転できるようになります。

こちらも、運転免許の取得を希望する人どなたでも受験可能で、受験資格は不要になります。

ただし、本人確認証明書の添付が必要です。

試験の流れ

移動式クレーン運転士免許の試験ですが、学科試験が「移動式クレーンに関する知識」が全10問(30点)、「原動機及び電気に関する知識」が全10問(30点)、「関係法令」が全10問(20点)、「移動式クレーン運転のために必要な力学に関する知識」が全10問(20点)出題されます。

実技に関しては「移動式クレーンの運転」「移動式クレーンの運転のための合図」が行われます。

筆記試験は、100点満点中60点以上が合格ラインで、各学科ともに40%以上の正解が必要になります。

実技試験については、減点の合計が40点以下で合格になります。

申し込み方法

最寄りの安全衛生技術センターで「受験申請書」を用意し、「受験申請書類を作成」します。

添付書類と試験手数料、証明写真(30mm×24mm)を揃えて、受験申請書の各安全衛生技術センターに提出します。

提出方法は、「簡易書留」と「センター窓口への持参」の2つの方法があります。

詳しくは、公益財団法人「安全衛生技術試験協会」へお問い合わせください。

(https://www.exam.or.jp/exmn/H_shinsei.htm)

クレーン運転士の難易度

クレーン運転士の難易度ですが、「クレーン・デリック運転士」免許の2018年合格率が55.3%、「移動式クレーン運転士」免許の2018年合格率が63.1%となっております。

どちらも取得することで、建設現場で大変重宝されますし、入社する会社によっては免許取得をしていなくても取得補助してくれる場合もあります。

クレーン運転士の平均給与は20〜40代で月給36万円ほどと魅力的です。ぜひ参考にしてください。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?

[PR]

後継者問題を解決するM&A会社