一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » キッチンスペシャリスト

キッチンスペシャリスト

キッチンスペシャリスト資格とは、その住居に住まう人のニーズから考えられた快適で使いやすいキッチン空間を提案・アドバイスする仕事のこと。キッチンスペシャリストの資格や仕事内容、目指し方についてご紹介していきます。

キッチンスペシャリストができること

新築で家を建てようと考えている人や、家のリフォームを考えている人などをクライアントとして、キッチン周りの専門家としての目線からアドバイスを行うのが、キッチンスペシャリストです。

キッチンには様々な機能があり、そこに暮らしている人それぞれでキッチンに求めているニーズは異なります。例えば使い勝手の良いキッチンを求める人もいれば、見栄えにこだわりたい人、本格的な設備を整えたい人など…。こうした住まい手のニーズをヒアリングして丁寧に汲み取ることで、快適で使いやすいと思えるキッチン空間を提案し、実際にそれを建築や施行に繋げる仕事をします。

建築やリフォーム、インテリア、住宅設備業界などで広く活躍できる仕事であり、住空間や、食生活に係わる多くの経験と知識が求められます。キッチン空間構成要素として、設備機能やその仕様、設計上の知識や経験の他、ガス・電気・水道といった防災対策についても網羅しておくことが必要。ショールームでお客様の相談に乗るケースもあります。

キッチンスペシャリストはシステムキッチンメーカーや建築会社・リフォーム会社、住設機器販売会社などに属して働くこともあれば、独立してフリーランスとして働くケースもあります。

キッチンスペシャリストになるには?

キッチンスペシャリストになるためには、資格試験に合格してキッチンスペシャリストとしての認定を受ける>必要があります。

受験資格

「キッチンスペシャリスト資格試験」は年1回実施されており、受験資格は特にありません。実務経験も必要なく、誰でも受験することが可能です。

試験の流れ

マークシートによる択一式の学科試験が120分、記述式の実技試験が150分行われます。学科試験が9:45分から、実技試験が13:00から行われており、学科または実技どちらか一方に合格した人は、次年度から3年にわたって合格した方の試験が免除されます。3年以上が過ぎた場合には、再度受験が必要です。

キッチンスペシャリストの難易度

2020年度に行われたキッチンスペシャリストの合格者数は175人とされており、合格率は約30%です。学科試験は約50%、実技試験が約35%となっており、実務経験のない人は通信講座などを活用して、要点を掴んだ勉強をする必要があります。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?