一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 大工の仕事 » マンション大工とは

マンション大工とは

名前の通り、マンションの建築を手がける大工のことを指します。現在、マンションの数は非常に増えてきていますので、マンションの建築現場を頻繁に見かけることも多いでしょう。高層階から低層階までさまざまなものがあるマンションを手がけているのがマンション大工と呼ばれる仕事となります

マンションとはどんな建造物を指すのか

「マンション」という名前は一般的に使われていますが、具体的にどんな建造物をマンションと呼ぶのかをご存知でしょうか。 マンションとは、主に鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)などの耐火構造が施されている集合住宅のことを指します。ちなみに比較されることが多いアパートは、木造・プレハブ造・軽量鉄骨造などの準耐火構造の集合住宅、2階建程度の低層のものを指します。一般的に、マンションはアパートよりも耐火性や耐震性、遮音性に優れているものが多くなっています。

具体的な仕事内容

マンションを建設する際、大工としては主に「マンション間柱」と呼ばれる材料を使いながら作業を行っていきます。「間柱(まばしら)」とは、壁の下地材や下地受け材となる柱のこと。マンションの場合は30mm×40mmの木材に石膏ボードを固定して間仕切り壁を建てていきます。 マンションを建設する際には、型枠大工が作ったコンクリートの四角い箱の中に間柱を入れ、間仕切りを作って部屋を作っていきます。この間仕切り壁を作る際には、採寸を行って間柱を建てる位置に印をつけたのち、壁の土台として30mm×40mmの木材を置き、上からコンクリートビスを使って固定。その後、間柱を立ち上げて周りに石膏ボードを貼って壁を作成します。 また、マンションの部屋の中に建具の枠をつけていくのも大工の仕事となっています。

マンション建設は、さまざまな業者が集まって行う

マンションの建設は、大工の他にもさまざまな業種が集まって行うケースが多いことが大きな特徴と言えます。例えば配管を担当する設備屋、配線を担当する電気屋、サッシ業者など多くの人が現場に出入りしますので、一つどこかの作業が遅れると、多くのところに影響が出てしまいます。そのため、工程表に従って遅れが出ないよう、丁寧で正確な仕事をすることが求められます。

HOP社員に聞いた「大工の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?