一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » 建築の仕事で役立つ資格 » CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験

製図作業をコンピューターの画面上で行うのが「CADシステム」と呼ばれる技術。CAD利用技術者試験は、CADを利用した技術の評価・認定を行う資格です。

※参照元:一般社団法人コンピュータ教育振興協会「CAD利用技術者試験」
https://www.acsp.jp/cad/

CAD利用技術者ができること

CAD利用技術者として認められると、様々な業界で設計・製図業務に携わることができます。主に建築・土木・機械・電機業界で多く活用されてきたCADシステムですが、最近ではアパレルメーカーでも導入されることが多いなど、まさに多種多様な業界での活躍が期待できます。

CADオペレーターとして働く他、機械・自動車メーカーの設計技術者としてすることが可能。インテリアコーディネーターやアパレルメーカーのパタンナーとして働く道も開けます。

もちろん資格を持っていれば必ず有利になるというわけではありませんが、自己PRの材料としては心強い要素と言えるでしょう。

CAD利用技術者になるには?

受験資格

CAD利用技術者の資格は「2次元CAD利用技術者」と「3次元CAD利用技術者」の2つに分かれています。2次元CAD利用技術者は「基礎」「2級」「1級」と段階分けされており、3次元CAD利用技術者は「2級」「準1級」「1級」と段階分けされています。

それぞれ受検者のレベルに合わせて受検でき、「1級」を受けるには「2級」や「準1級」の資格が必要になります。「基礎」や「2級」に受験資格の制限はありません。

試験の流れ

試験のスケジュールは実施会場によって異なります。申し込み手続きが完了次第随時試験が実施され、試験終了後には合格が即時発表されます。

試験日は前期・後期の年2回であり、試験時間は3次元CAD利用技術者試験の1級・準1級で2時間程度、2次元CAD利用技術者試験の1級で80分程度です。

学科試験の内容

試験は筆記試験と実技試験の2つが行われ、各分野における専門知識が問われます。例えば2次元CAD利用技術者試験では、CADシステムの基礎知識やコンピュータシステム、情報セキュリティや製図の基礎について問われます。3次元CAD利用技術者試験では3次元CADの概念や実用的モデリング手法、CADリテラシー問題などについて問われます。

記述式試験の内容

筆記試験ではCADシステムについて、基本機能やシステムの運用と管理、情報セキュリティなどについての知識が問われます。CADデータの管理や周辺知識、データの活用方法について問われる内容もあります。

資格の難易度

入門編と言われる「2次元CAD利用技術者基礎」は合格率64.7%とそこまで低くありませんが、「2次元CAD利用技術者1級」ともなると受検者数も減り、合格率は36~40%程度と低くなっています。

3次元CAD利用技術者試験は2級で42.32%程度、1級で43.14%程度です。

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、年を経ても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?