一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 大工の仕事

大工の仕事

大工の仕事は、骨組みの組み上げに始まり、外壁や屋根の下地をつくって、床や天井、壁などの内装工事が始まるまでの家づくりに対応することです。

現場に入ったら施工管理士と打ち合わせを行い、その日の工程表に沿って作業を進めていきます。

仕事をする場所は現場が中心ですが、その現場へ行く前に使用する建材をあらかじめ作っておくことも大工の仕事。建築士などからもらう設計図をもとに、木材を寸法通りに切り出すなど事前準備をしっかりすることで、工期を短くできるよう努めています。

大工の「やりがい」とは?

自分の手でつくった家がいつまでも残るということ。それが、いちばんのやりがいです。設計図やパースなど平面上の図面から、家という実物にしていく仕事ですから、目に見えて成果がわかります。

また、注文住宅は思い入れの強いお客様がほとんどですから、よく現場に足を運ばれる方とは顔なじみになることも多いです。その際に「頑張って」と励まされたり、「ありがとう」と直接感謝の言葉をもらったりするのも、やりがいにつながります。

そんなお客様のために、これから何十年と残る大切な財産をつくっているという誇りを持って、日々仕事に邁進するのが大工という仕事なのです。

大工の仕事で大変なこと

大工は力仕事が大変というイメージがありますが、それよりも神経を使うことのほうが大変です。

ちょっとした気のゆるみが、大きな事故やケガにつながります。毎朝、工事が始まる前に施工管理士との打ち合わせで、危険な作業はないかなど確認しますが、トラブルを防ぐには常に集中して仕事を進めることが大事。集中力を常に高めて作業を行い、その日の作業が無事故で完了したときには、開放感でいっぱいになることもあります。

一日のスケジュール

8:30:出勤(現場) 現場に着いたら、ラジオ体操でカラダの準備。施工管理士と、今日の工程を確認。危険ポイントがないか、対策はできているかなど確認してから作業に入ります。
13:00:現場 午後の作業。施工管理士に進捗状況の報告や、午後の作業内容などの打ち合わせをしてから、作業開始です。
17:30:ミーティング 作業は日没をめどに終了します。進捗報告や問題点、明日の行動予定などを確認。施工管理士との情報共有をしっかりやります。
18:00:退勤 ミーティングを終えたら帰宅。明日の作業にそなえて、しっかり休養を取りましょう!

マンション大工とは

マンション大工とはマンション建築を手掛ける大工のことを指します。「大工」と聞くと、一般的には一軒家だったり木造のものをイメージする人が多いので、「マンション大工」という言葉に違和感を覚える人もいるかもしれませんが、実際にはマンション建設の中でとても大切な存在感を放つことになります。そんなマンション大工について、具体的に何をしているのかなどを解説しています。

マンション大工について詳しくみる

家屋大工(かおくだいく)とは

いわゆる多くの人がイメージする「大工」が家屋大工です。主なお仕事は木造住宅に於いて木材や建材の加工・取付を行います。木造住宅だけではなく、木造アパート、低層住宅を施工することもありますし、昨今はリフォームを行う家屋大工も増えています。そんな家屋大工がどのようなお仕事を行っているのかや特徴等について解説しています。

家屋大工について詳しくみる

2×4大工(ツーバイフォーだいく)とは

2×4とは角材のサイズを表したものです。つまり、2×4大工とは2×4住宅の施工を担当する大工になります。フレーミング工法、あるいは建て方工事とも呼ばれているもので、土台の敷き込み、上棟まで幅広い作業をこなすことになります。2×4は昨今多く用いられていることもあり、2×4大工もまた、存在感が増えていますが、どのようなお仕事を行うのかや、2×4そのものの特徴等についても解説しています。

2×4大工について詳しくみる

リフォーム大工とは

名前からも分かるように、リフォームを担当する大工をリフォーム大工と呼びます。リフォームの需要は増えています。かつてリフォームと言えば老朽化した家屋を綺麗にするためのものでしたが、昨今では不動産投資、あるいはリノベーション等、リフォームの需要が増えていますので、リフォーム大工もまた、活躍の場が広がっています。一般的にはリフォーム以外にも様々な形で大工として活動しているケースが多いのですが、具体的にリフォーム大工がどのようなお仕事をこなしているのかや、リフォーム大工になるにあたって大切なこと等について詳しく解説しています。

リフォーム大工について詳しくみる

船大工(ふなだいく)とは

名前からも分かるように、木造船を造る大工を船大工と呼びます。有名な所では屋形船ですが、帆掛け船、和船なども船大工の担当です。かつては船といえば基本的には木造でしたので、船大工の出番も多々ありました。また、飛行機が登場する以前は海を渡る手段は船しかありませんでしたので、船大工が重宝されていた時代もあり、「船番匠」と呼ばれた時代もあったとか。そんな船大工について詳しく解説しています。

船大工について詳しくみる

宮大工(みやだいく)とは

宮大工は神社や仏閣を手掛ける大工です。神社・仏閣は神聖なものです。そのため、誰もが簡単に名乗れるものではなく、一人前になるまでに長い修行を必要とするものです。日本では寺社・仏閣の権威が高かったこともあり、特別な存在として扱われていました。飛鳥時代から始まったとも言われている宮大工ですが、今日の宮大工はどのような特徴を持っているのかや、仕事内容等について解説しています。

宮大工について詳しくみる

型枠大工(かたわくだいく)とは

型枠大工とは、名前の通り「型・枠」を作るための大工です。マンション、ビルを造る際、コンクリートが用いられるケースが一般的ですが、コンクリートは枠にそって流し込まれます。その型・枠を造るのが型枠大工です。そのため、建設ラッシュとなると型枠大工は大忙しです。型枠にコンクリートを流し込み、固定した後に型枠を外す部分までがお仕事となっている型枠大工について、詳しく解説しています。

型枠大工について詳しくみる

家具大工とは

家具大工とは名前からも分かるように家具の大工です。家具を組み立てる大工として存在感を示す一方で、そもそも初めて名前を聞くという人も多いのではないでしょうか。大工が家具を作るのかという驚きをもった人もいるかと思いますのが、家具大工がどのような存在なのかや、家具大工が作る家具と他の家具についての比較等についても詳しく解説しています。

家具大工について詳しくみる

建具大工とは

建具大工はふすまや障子などの建具の大工です。「?」と思われる方もいることでしょう。そもそも、ふすまや障子は、かつては「人の物」でした。そのため、建具大工も大活躍していたのです。建具大工についてはもちろんですが、ふすまや障子の特性がどのように変化したのかや、時代の流れなど建具大工やその周辺事情について詳しく解説しています。

建具大工について詳しくみる

数寄屋大工とは

いわゆる「茶室」のための大工が数寄屋大工です。今日は茶室を構える家屋も少なくなっていますが、茶室のみならず、趣のある旅館等も数寄屋大工が担当していますので、外国人観光客が増え、「和」が注目を集めている時代に於いて、数寄屋大工の存在感も高まりを見せています。生まれた背景や特徴、さらには数寄屋大工のメリットやデメリット等について詳しく解説しています。

数寄屋大工について詳しくみる

町大工とは

いわゆる「庶民の味方」的な存在いが町大工です。町大工はかつては工業事業主的な存在として、「町の住人たちの味方」でした。「町大工」という呼称そのものが、町人たちにとって誇り・シンボル的なものを意味していたのですが、時代の流れとともに町大工の役割にも変化が見え始めています。そんな町大工について、特徴やそれまで果たしてきた役割等について解説しています。

町大工について詳しくみる

大工の種類解説「造作大工」とは?

造作大工もまた、いわゆる「大工さん」と呼ばれる存在に近いイメージです。造作大工の役割は完成した家屋の中で、木材を加工しての造作です。戸や障子など、木材建具の取り付け工事を造作工事と呼びます。いわば最終チェック的な役割を担っている造作大工について、どのようなお仕事なのかや求められるものなどについて解説しています。

造作大工について詳しくみる

大工の種類解説「建て方大工」とは?

建て方大工とは基礎の上の部分を担当する大工で、木造だけではなく、鉄骨に於いても活躍しています。柱や簗を組み上げ、屋根を葺ける状態までの担当になあります。骨組み部分まで担当していると考えると分かりやすいのではないでしょうか。そんな建て方大工について、仕事内容や建て方の種類、知っておくべきことや建て方大工がどのような点を意識しているのかなどについて解説しています。

建て方大工について詳しくみる

大工に向いている人・向いていない人はどんな人?

大工もまた、一つのお仕事です。かつては将来なりたいお仕事として上位にランクインするのが当たり前だった大工ですが、職業として考えた時、他の仕事同様向いている人と向いていない人がいるものです。しかし、実際に働いてみないことには分からない部分なので、分からずじまいで他のお仕事に就いた人もいるのではないでしょうか。そこで、大工に向いている人と向いていない人について詳しく解説していますので、これから大工になりたい人は参考にしてみてください。

大工に向いている人・向いていない人について詳しくみる

雨の日は大工の仕事は休みになる?

家の建設というお仕事である以上、雨が降ったら休みになると思っている人も多いことでしょう。では実際、雨の日は大工は何をしているのかについて解説しています。昨今の大工にとって、雨は決して「休みをもたらしてくれるもの」ではなく、雨の日だからこそ行うべきことが多々あることに気付かされると共に、実は大工のお仕事はスケジューリングがしっかりしているお仕事であることに気付かされることでしょう。
雨の日は大工の仕事について詳しくみる

大工の仕事の魅力・やりがいとは?

「大工」にもまた、様々な職種がありますが、大工にはどのような魅力ややりがいがあるのかについて解説しています。どのような仕事にも魅力ややりがいがあるものですが、大工の仕事の魅力ややりがいを知ることで、興味を持たれる方もいるのではないでしょうか。また、それらを通して大工仕事の意外な一面を発見できるかもしれません。

大工の仕事の魅力・やりがいについて詳しくみる

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?