一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 施工管理において大変なこと

施工管理において大変なこと

こちらのページでは施工管理が大変な仕事だといわれている3つの理由をまとめてみました。

1:人によってはハードワークに感じることも

施工管理士は、工期全体のスケジュールから管理まで対応すべき範囲が広く、トラブルが発生した際に責任を問われるポジションでもあります。工事期間中は暇を持て余すことが決してなく、「休日は日曜日だけ」ということも。問題が発生した時もすぐに対処しなくてはいけないため、人によってはハードに感じることもあるでしょう。

特に、一生に一度の買い物である受託の建築を任されるのはオーナーのこだわりや希望、予算との兼ね合いも見ながら管理するので責任重大。

忙しさはあってしかるべきともいえます。建築物の工事中は忙しく働くことになりますが、終わった時の達成感は何ものにも変えられない喜びになるでしょう。1つの現場が完成するたびにまとまった休みを取る人もいるようです。

2:コミュニケーション能力が求められる

施工管理士が行う主な仕事は、現場の職人への指示出しです。依頼主から求められている工期や安全基準に沿って、工事を進めるために現場を動かす必要があります。そのために、複数の職人をまとめ上げる能力やトラブルが起きた際の判断力が必要不可欠。

ただ、自分の指示通りに職人を動かすのは簡単ではありません。端的に指示したり、知識がないまま説明しても、職人は動いてくれないでしょう。

大切なのは、施工管理士と職人との信頼関係です。信頼関係を構築するためには、施工管理側から意見を求めたり、相談したりと歩み寄ることが大切。コミュニケーション能力を持っているほうが信頼関係の構築に有利なのです。職人と良好な関係を築くために知識を深めたり、歩み寄ったりする姿勢は、後々キャリアを構築するうえで大切な財産となるでしょう。

3:責任感が強くないと務まらない

施工管理士の仕事は、工事全体のスケジュール管理、品質や安全、原価管理などさまざまな管理能力が求められます。現場の完成を左右する司令塔の役割なので、責任が大きくなるのは当然といえるでしょう。現場にとどまらず事務作業なども行うので、業務量の多さに「何かが起こったらどうしよう」と不安を感じる人もいます。

しかし、責任が大きいぶん現場が完成した時の達成感は他の仕事では味わえません。責任がある仕事であると同時にやりがいのある仕事でもあります。

工事中は、忙しさに心が折れてしまうかもしれませんが、「絶対に工期までに作業を完了させる!」という意思が大切です。強い覚悟と責任感を持って仕事に取り組める人が、施工管理士に向いているでしょう。

施工管理のプロにやりがいを聞いてみた

大変な仕事であると同時にやりがいのある仕事といえる施工管理士。自分が建築に携わった建物が地図に載ることに感動を覚える人もいるようです。こちらのページでは施工管理士のやりがいについてまとめてみました。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?