一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 施工管理の仕事 » 施工管理の工程管理とは

施工管理の工程管理とは

指示や確認作業がメインになる施工管理ですが、中でも4大管理が最も重要だといわれています。工程管理は、工期全体のスケジュールを決める大切な管理業務の一つ。作業を円滑に進めるうえで必須項目ともいえます。こちらでは、工程管理の内容やメリットについてまとめてみました。

工程管理はスケジュール管理のこと

施工管理における工程管理は、作業全体のスケジュール管理を表しています。品質や工期において、無理のない最適な工程計画を立案し、管理することです。施工管理者は、工事に必要となる重機や職人の数などを確認したうえで、工事全体のスケジュールを把握しておかねばなりません。また、工期を守るためには、常に進捗状況を把握していないと、天候や人員の欠員など予期せぬトラブルに対応できなくなります。

現場の工程表には、日付ごとの作業内容を簡易化した「横線式工程表」と、複数の工程を調整する「ネットワーク工程表」の2つの形式がつかわれています。

工程管理のメリット

品質が向上する

適切なスケジュールのもとで工程を一つずつ確実に進めると、品質向上につながります。品質向上は顧客満足にもつながるため、工程管理におけるスケジュール管理はとても大切。

高品質の物件を提供することで、顧客の信頼を獲得すると同時に満足度も高くなります。高品質な家を提供する姿勢は、顧客から見ても好印象です。長く付き合える顧客になると共に、良い評判が広まると会社としての評判も上がります。加えて、適正な工程スケジュールを組むことは現場で作業する職人や作業員などの負担を減らしてくれます。現場からの信頼も得やすくなるのがポイントです。

余分なコストを削減する

工程管理によってスケジュール全体を把握できます。全体を俯瞰して見ることで、余分なものや重複している作業を確認できるのがポイント。必要ないものをカットして、作業に伴う人件費やコストの削減につなげられます。

作業や使用する機材にかんする原価の見直しもできるのもメリットです。原価やコストの計算は工程管理を行うことで改善できます。原価を下げて生産性を上げるのであれば、工程管理は必須といえるでしょう。

イレギュラーに対応できる

建築現場にトラブルはつきものです。天候や機械の故障、職人の欠員による不意なトラブルになど、イレギュラーは日常茶飯事。トラブルの度に、都度対策を練っていては、納期に間に合わない可能性が。

その点、工程管理を行っておけば、トラブルを未然に防ぐことが可能です。仮にトラブルが発生した場合でも、迅速に対応できます。作業全体のスケジュールを俯瞰して見ることができるため、進捗に遅れがでるようであれば職人を増員したり、作業を前倒しに進めたりと臨機応変な対応が可能です。

施工管理のプロにやりがいを聞いてみた

工期全体のスケジュールという工程管理をしっかり行っておけば多くのトラブルを防止・解決できます。そのぶん工程管理を段取り良く行うのが、施工管理において注力すべき箇所ともいえるでしょう。こちらのページでは、施工管理のプロにやりがいや仕事内容についてまとめています。

HOP社員に聞いた「施工管理の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?