一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました

人の人生を担う建築のやりがいについて、ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社が語ります。

一生の家を建てる。建築の“やりがい”を集めました » プロが集う建築設計事務所の仕事内容とやりがい » 大工の仕事 » 家屋大工(かおくだいく)とは

家屋大工(かおくだいく)とは

家屋大工とは一般的な木造住宅において、木材や建材の加工から取り付け作業までを行う大工のこと。一般的に「大工さん」と言うとこの家屋大工を指すことがほとんどと考えて良く、「木造大工」「住宅大工」「家大工」と呼ばれることもあります。一般住宅の他にも2階建てほどの木造アパートなど、低層住宅を主に施工します。最近では、新築住宅だけではなく、リフォームまで手がける大工もいます。

家屋大工の仕事

家屋大工の主な仕事は非常に幅広く、建物の位置を決める「遣り方」や柱や梁といった家の骨格となる部分を木で組み立てる「建込み」、さらには床や天井の取り付け、壁などのボード張りといったさまざまな作業を行うことになります。 最近では、木造住宅の骨組みに使われる木材は、プレカットされたものを使用することが増えてきています。大工が自ら木材の加工を行う「手刻み」を行うところはかなり減ってきたと言われていますが、所属する工務店によっては、自ら木材の加工を行う可能性もあります。 また、資格を持っている場合には、電気配線工事などを行う人もいるため、「家屋大工」と一言で言っても、その内容は多岐に渡ると言うことができるでしょう。

家屋大工が用いる「木造軸組工法」とは

家屋大工は「木造軸組工法」と呼ばれる工法を用いて家を建てていきます。これは簡単に言うと「木を組んで家を建てる」工法のことで、日本古来から伝わる、木の特性を活かした家づくりを行います。 この木造軸組工法には、「伝統工法」と「在来工法」の2つの工法がありますが、現在の日本の住宅においてはほとんどが在来工法が用いられています。在来工法とは木と木を接合する部分にボルトやプレートを使って固定していく方法。対して伝統工法では金物は用いずに、木を組み上げていきます。

近ごろは、「木の温もりを持つ家」が再確認されている

昨今、家を建てたいと希望する人の中では、「木の温もりが感じられる家に住みたい」と希望する人が増えてきているといいます。1本1本の木が持っている、独特の風合いや優しい香りが忙しい現代人の心を癒してくれると言うことで注目され始めているようです。そのため、天然の木を使って家を建てる家屋大工の仕事も重要な位置付けとなってきている、と言えるのではないでしょうか。

HOP社員に聞いた「大工の仕事」とは?

運営

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

HOPが一緒に働きたいと考える人柄

HOP本社
  • 建築が大好きで一生家づくりに携わっていきたい方。
  • 大量生産ではつくりだせない、古くなっても深く味わいのある「愛着の持てる住宅」をつくりたい方。
  • 何事にも挑戦していくパワーとガッツがある方。
  • 他の人を思いやることのできる、明るく素直でまじめな方。
  • HOPの家づくりに賛同いただける方。
PICK UP
本物の建築づくりを
HOPで叶えませんか
HOPの高級注文住宅

HOPでは、次世代へ受け継ぐ本物の建築づくりにやりがいをもてる仲間を募集しています。

人の一生を見守る家を、HOPと一緒に創造してみませんか?